ここちイベント案内

yamameguのタティングレース

写真20

海に山に心躍る季節におおくりする、町屋ショップ「葉月はいから堂」。
そんな夏真っ盛りなイベントですが、繊細で涼しげな透かしのレース小物も並びます。

「タティングレース、その繊細で優美な世界」と題しまして
上越のタティングレース作家yamamegu(ヤマメグ)さんの作品を大特集です。
アクセサリーやがま口、フレームなどロマンティックたっぷりでおおくりします。

最近タティングレースのアイテムを良く見かけるようになりましたが
yamameguさんは20年前からタティングレースを作り続ける大ベテラン。
この美しいレースをより多くの人に知って楽しんでいただきたいと、
ご自身のレース作品を持って ここち すたいる へご来店頂いたのが取扱いのきっかけです。
今回、せっかくなのでブランド名を付けましょうとお誘いし、ご自身のお名前から
yamamegu(ヤマメグ)と命名いたしました。
山は季節を巡らせ数々の恵みを生み出します。木の葉の葉脈は繊細なレースの様。
繊細なレースを生み出す彼女の指も、豊かな山のように数々の恵みで溢れているのです。
これからもこの名前と共に素敵なレースを皆様にご紹介していきますね。

 

yamameguさんは主に80番レース糸を使用して、レース特有の繊細さを表現しています。
ちなみに、レース糸は番数が上がるごとに細くなりまして、
80番ですと木綿用縫い針に通せます。
それぐらい細いです。
平店員もかぎ針網の覚えが少しありまして80番レース糸に何度かチャレンジしておりますが
かぎ針が凶器になりうるトンガリ具合でドキドキします。そして目が疲れます。

そもそもタティングレースとは?どう作るの?かぎ針とどう違うの?
とよく聞かれますが

タティングレース: tatting lace)は、シャトルと呼ばれる舟形の小さな糸巻きに巻いた糸を使って結び目を作っていくレースの技法。

タティングの結び目の技法は古代エジプトにまで遡る事ができるが、実用を目的としたものと考えられ、装飾的なレース技法としての起源は明確には分かっていない。一説には、16世紀イタリアで基礎的な技法ができたとされる。

18、19世紀には、ろうそくの節約にもなると貴族のあいだで大変もてはやされ、教養として習うものとなった。女性らしいエレガントな手芸と考えられていたため18世紀の女性たちは、装飾のあるシャトルを持って、肖像画を描いてもらう事を好んだ。

wikipedia、タティングレースの項目より抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%8
2%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

とあります通り、結び目の連続で糸を形作るとても歴史あるレースの一つです。
貴族の女性たちの間で教養となるほど優雅なレースなんですね。

80番の糸で結び目を作り形にしていく…想像しただけで目がこりそうですが
実際、そこまで細くなると、手元は見ずにただただ結び目を数える作業らしいです。
というか手元を見ずに作れるyamameguさんにプロの技術を感じます。

今回は種類を増やし、レース+αの組み合わせも楽しんでいただけますよ!

IMG_5046

レジンアクセサリー&手作り雑貨の作家Sesame Saltさんと作り上げた、がま口です。
糸でくくるのではなく、専用の接着剤を使い、何度も付けては乾かしを繰り返し
手間暇かけてレースの一番美しい形を引き出しました。
表面に接着剤が出ないように細心の注意を払っていただきましたので
糸の表情も美しく、最高の出来だとしみじみ感じます。
(素敵すぎて平店員大興奮です)

IMG_5059

手のひらサイズのがま口以外にも、大きなクラッチにもなるものや、ポーチなどもあります。
セサミソルトさんの布選びの楽しさに合わせて、レースの魅力がさらに輝いていますね。

IMG_5065

アクセサリーも充実です。
今までのレースオンリーのアクセサリーはもちろん、
レースにコットンパールやレジンなどをプラスしたものもお目見えです。

IMG_5077

アクセサリー用に台紙も作りました。全部で6種類。
流れる筆記体と枠でレースの繊細さを表現しましたよ。
裏に、簡単ですがタティングレースの説明もあります。
プレゼントにもおすすめです!

IMG_5068

定番のピアスはもちろん、ネックレスやイヤリングもございます。
元気カラーのレースなどは、夏の華やかさに更にエッセンスをプラスしてくれますね。

このほかにも、おなじみのブロードのブレスレッドやラリアットでは、
天然パールをプラスした物や、身に着けやすいマグネットタイプの物など色々ご用意します。


がま口・アクセサリー以外にも、フレーム飾りや飾り襟なども、もちろんございます。
これをきっかけにyamameguさんの美しいタティングレースの世界を知って頂けたら幸いです。

海に山に心躍るこの季節、一足お先に秋の気配も添えて
町屋ショップ「葉月はいから堂」

8月6日(土) 10:00~18:00
8月7日(日) 10:00~17:00  の2日間。

ぎゃらりー和のくら で行います。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

葉月はいから堂へのお誘い

夏らしいあちちな日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
もう気づけば7月も終わりかけ。あっという間に8月ですね。

そんな8月のお楽しみ、海に山に心躍るこの季節、一足お先に秋の気配も添えて、
町屋ショップ「葉月はいから堂」のご紹介です。

ibe_haikara2016natutirasi

8月6日(土) 10:00~18:00
7日(日) 10:00~17:00

今回は去年の「年の瀬はいから堂」と同じ会場、「ぎゃらりー和のくら」でおおくりします。
裏手に駐車場が10台分ございますが、防火道路で細く一方通行となっておりますので、
ご通行の際には十分ご注意ください。

後ろへ回り込む際は、和のくらと同じ並びで数件駅よりの高田小町の一つ奥の道を
ご利用いただくと一番入りやすいかと思います。

 

IMG_4981

町屋ショップ中身は…

イラスト屋ひぐちさん:新作絵はがきは、夏から秋にかけてのステキな風景がたっぷり。
まさに今が見ごろの蓮や花火、田んぼに雁木の風景など、
ノスタルジックな優しさにあふれる、素晴らしい空間になりそうです。。

haikara05

コチラは今年春のはいから堂の様子。
所狭しと並ぶ絵はがきに、誰かに一筆送りたくなります。
季節ごとに部屋に飾るのもステキ。

haikara12

前回から大人気のキャットオンコーヒー!
今回ももちろんお勧めですよ!
絵はがき柄のバリエーションも増え、ちょっとしたお土産にもおススメです。

ほかにも原画や、大人気の小さなイラストフレームなど、盛りだくさんでお送りします。

 

IMG_5010

ここち すたいる からは

などなど、楽しくステキな雑貨が盛りだくさんです。

また、ワークショップ
「ステンドグラスで涼やかテラリウム」 も 一日限定で開催です。
■詳しくはこちらから■
はいから堂ワークショップ「ステンドグラスで涼やかテラリウム」のご紹介

IMG_4437

講師:ステンドグラススタジオ三宅
日時:8月6日(土) 10:00~と13:30~の2回
定員:各回5名まで
場所:ギャラリー和のくら
参加費:5,900円

ぷっくり可愛い多肉植物付です。
ガラスの色と多肉植物はご自由にお選びいただけますよ。

まだ若干名ですが空きがございますので
参加希望の方は ここち すたいる まで、お電話orお問合せフォームからご連絡ください。


夏の暑さに、一滴の涼をご提供いたします、町屋ショップはいから堂。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

11周年イベント毎日使いたいものランドリー編

ここち すたいる 11周年イベント「Happy Housekeeping!」でのメインコーナー
「毎日使いたいもの特集」。キッチン・ランドリー・クリーニングの3テーマに合わせて
便利雑貨を一同にご覧いただける家事を楽しむためのコーナーです。

今回は洗濯のジャンルで、当店で実際使っておススメアイテムを、一部ですが簡単にご紹介。

IMG_4714

ちなみに、今回染み取りアイテムを多めに揃えました。
個人的には襟袖汚れ落としに日々感動しています。

IMG_4724

こちら、ここち すたいる ではおなじみ、カラーダートコレクターです。
洗濯中の汚染を防ぐため、落ちた染料を他衣類に定着する前に
この不織布で吸い取ってしまうよ!というもの。
当店の猛プッシュで、ご利用者様じわじわと増加中ですよ。

IMG_4720

目で見て納得のこの汚れ。
左端が未使用品。 真っ白ですね。
真ん中が何度も洗ったデニムパンツと一緒に洗ったもの。
まだ色落ちしてるんだ…とビックリしました。、そりゃ白物もくすみますね。
今まで使ってこなかったのが悔やまれます。
そして右端が新品の茶色コットンパンツを洗ったときのもの。
赤の染料ダダ落ちですね。こんなのと一緒に洗ったら悲惨です。
衣類の染料だけじゃありません。
子供のカレーの染みやトマトケチャップの染みなども危険ですねー。
ポイポイ洗濯機に放り込むのめしこき(面倒くさがり※方言)な平店員にとっては救世主です。

どんなに堅牢度が高い染料でも、パーフェクトはありません。
毎日の洗濯で白い衣類がくすんでいくのは、汚れが落ちていないだけではなく
洗濯の際に染まっているからということもあるのです。

白物・色物分けて洗うように言われるのはこういうことなんですね。
だ、カラーダートコレクターのおかげで、一緒に洗えちゃいます。
これは、時間も手間もお水も電気代も節約できるということ。
汚水も半分で済みますので、地球にも優しい!
お財布に優しいことがエコにつながるなんて素敵ですよね!

IMG_4713

さて、そんなのめしこきな平店員でも、さすがに
洗濯機前に汚れ落としておかねば!と洗濯板を使う時があります。
子供の泥遊びした服・子供のゲロ吐いた服・子供の食べ汚しの服・子供の大便失敗な服。
大抵子供関係ですが、普通に洗ってはまず落ちない汚れや
サッと水ですすぐだけではダメな汚れは、やはり昔ながらの洗濯板が大活躍です。
プラスチックのものも出回っていますが、やはり力いっぱいこすれる木の板がお勧めですよ。
コチラはサイズが小さめなので収納にも便利。長々使っていますがヌルヌルにはなりません。
(画像は5年以上前に購入したカエルマークのものですが、
現在店頭で販売しているお家マークのものとサイズ・素材共に同じです。)
ゴシゴシやって、ストレスも発散できちゃいます。


今回2つだけのご紹介ですが、次回はステインペンでの実験レポートをお伝えします。
営業部長の白カットソーに犠牲になってもらっての体当たり実験です。
長所も短所も、使って分かったことを残さず隠さずお伝えしますよ!こうご期待!

 

11周年イベント始まりました!

皆様に支えていただき、おかげさまで11周年!
ここち すたいる 恒例夏の周年イベントが本日より開始です。
店内もイベント用レイアウトに変わり、ワクワク感を盛り上げます。

IMG_4962

洋室のメインテーブルはテーマ“Happy Housekeeping !”の通り、
毎日の家事を「義務」から「ワクワク」へと変える便利アイテムから
家事や日常で気分を上げてくれるオシャレなアイテムを集めましたよ。
どれもこれもオーナーの実体験による厳選の品です。

IMG_4966

裏側もこの通り。お試しもOKですので、どれだけ油が落ちるのか試したい~ですとか
香りかがせて~ですとか、長く使うと傷とかどんなぐらいなのか見たい~など
お気軽にお声掛けください。
実演もやっちゃいますよ。

IMG_4964

また、クリアランスセールも同時開催です。
もしかしたら過去最多数のセール品量かもしれません。
気になっていたあの品この品がお安くなっています。チャンス!

IMG_4965

チビちゃん向けのおもちゃや靴下などもお買い得価格ですよ。
今のうちにクリスマスプレゼントを買っておく。なんてことはいかがでしょうか?

IMG_4967

和室メインテーブルではセール品を集めてみました。
千代布やうちわなど、まさに今時期なアイテムも値下げ対象です!
あれこれ探せば掘り出し物にも出会えるかも!?

IMG_4969

片貝木綿のがま口シリーズも対象品です。
余談ですが、小さいがま口は平社員の免許証等カード類もいけます。
大きいがま口は皮膚科でもらう塗り薬容器サイズ大2ついけます。
便利ですねェ。

IMG_4970

テーブル以外にも周囲にはセール品が。風鈴は全品20%off。
音色による涼という、雅なエコはじめませんか。

IMG_4968

そしてさりげなく、あけびバッグ&小物大量入荷しています。
はいから堂に先駆け、店内和室にてお披露目です。
写真以外にも可愛い形のカゴや小物がいろいろありますよ。
(※こちらはセール対象外品です。ご了承ください。)

また、ワークショップ

も随時受付中です。
が、オーナーor平店員不在時には
それぞれの担当ワークショップお休みとさせていただきます。
あらかじめ予約いただければ確実にワークショップ実施できますので
ご希望の方は事前にお電話&問合せフォームからご連絡いただければと思います。


今年は「幸せな家事」という少し哲学チックなテーマです。
“家事”は毎日絶対行わなくては生活が回らないもの。
家事が生活の大部分になってしまうのは仕方がないことでしょう。
毎日の繰り返しで少し疲れてしまうのも仕方がないことです。

たまの息抜きも大事。
でも、毎日の家事を少し楽しく、真面目に楽ちんにしたらどうでしょうか?
息抜きももっともっと軽く楽しめることでしょう。
機能面からでの楽ちん、心の潤い面での楽しいが合わされば
きっと毎日の繰り返しも「幸せな家事」になるはずです。
幸せな家事から幸せな毎日・幸せな暮らしを。
ここち すたいる は、いままでもこれからもずっと皆様の暮らしのお手伝いをしていきます。
どうぞ皆様のお越しをお待ち申し上げます!

 

はいから堂ワークショップ「ステンドグラスで涼やかテラリウム」ご紹介

上越地方もついに梅雨あけしましたね。
子供たちの夏休みも始まり、夏祭りも控え、これからどんどん楽しいこと沢山なここち周辺です。

もちろん、ここちも楽しいこと沢山ですよ!
11周年イベントがついに7月23日から開催です。
ハッピーハウスキーピングなアイテム特集は実演&お試し付。
クリアランスセールは、千代布やチビちゃん甚平さんやおもちゃ、雪駄にアクセサリーなどなど
たんまり幅広くご用意しております。掘り出し物感覚でどうぞ!

目玉イベントは8月6・7日の「葉月はいから堂」
とくに6日は、この日だけとなるステンドグラスワークショップも開かれます。
午前午後各5名様までとなっております。
まだ若干空がありますので、この記事をご覧になって興味が湧かれた方は是非どうぞ!

IMG_4428

「ステンドグラスで涼やかテラリウム」

講師:ステンドグラススタジオ三宅
日時:8月6日(土) 10:00~と13:30~の2回
定員:各回5名まで
場所:ギャラリー和のくら
参加費:5,900円

IMG_4849

2006年 年の瀬はいから堂ステンドグラスワークショップ 制作風景

ここち恒例のステンドグラスワークショップ、講師の三宅先生をお招きして
毎回、可愛らしくもやりごたえのある作品を和気藹々ムードの中、制作しております。
なんだかステンドグラスと聞くと難しそうなイメージですが、
ワークショップではガラスはカットされた状態でご用意しておりますので
好きな色をお選びいただき組み立てるだけの(作業的手順的には)優しい内容です。

ステンドグラス作り方その1

ガラスに銅の薄いテープを表裏均等になるように巻きつけ

ステンドグラス作り方その2

ピースを組み合わせ、溶剤を銅部分に薄く塗り(イラストで描くの忘れました、すみません)
ハンダを半田ごてで溶かし付けていくというものです。

ステンドグラス作り方その3

最後にハンダの表面をきれいに整えて完成なのですが、これが難しい!
単純な制作内容ですが、その分技術力が必要とされます。
ので、リピーターの方にも何度でもお勧めしたい、やりごたえのあるワークショップです。

もちろん、初心者さん大歓迎ですよ。
最終的に三宅先生にお直ししていただけますので、きれいな作品がゲットできます。

IMG_4850

過去にはこちらのフットランプや、ポケットティッシュケース、

IMG_4851

クリスマスの壁掛けなどを制作しています。

今年のテラリウムは、使用するガラスパーツが少なめな分、平面で組み合わせる部分がなく
オール立体でやりごたえ増し増しですよ。
やはり平置きで作れないので、なかなか難しかったりします。
が、出来上がった時の達成感はすごいです。
お子様の夏休み自由研究にもおススメですよ。
一緒にステンドグラスの歴史や技法を調べれば、完璧ですね!


物より思い出ならぬ、物も思い出もな、このワークショップ。

ご参加ご希望の方は、ここち すたいる  まで
お電話もしくはお問合せフォームからご連絡ください。
皆様のご参加お待ち申し上げます!

 

上越のフリーペーパーに載ってます。

お伝えするのが少し遅くなってしまいましたが
上越地域で配られているフリーペーパー2誌に載せて頂きました。

IMG_4828

まずは、上越タイムスさん発行の

家族の休日情報誌「どこいく」7・8月号
http://www.j-times.jp/whats.php?seq=170

「お母さんの休日」コーナーでの手拭い特集のお手伝いで載ってます。

IMG_4830

手拭いの使い方アイディアから、プチトリビアまで知っていると便利な内容になっています。
オーナーお手製・営業部長の手拭いズボンや、平店員の鼻丸な横顔まで載ってますよ。

時折、「可愛くて買っちゃうけど、何に使ったらいいのか分からないー」
「もったいなくて使えないー」というご意見を伺いますが(凄くお気持ち分かります)
意を決して使いだすととっても便利な手拭い。
このフリーペーパーをきっかけに、手拭いライフを楽しんでいただければ幸せです。

また、この他にも夏休みにぴったりな楽しい情報盛りだくさんですよ。
お見かけの際は、ぜひお手に取ってご覧ください!

 

IMG_4820

こちらは今回創刊号となります

「50代からのここらガイド cocolaPlus(ココラプラス)」
http://www.cocola.jp/cocolaplus.php

プラスアップインフォメーションの中央部分に載ってます。

IMG_4827

ここらの女性がつくる、ここらの女性のための提案型情報誌「cocola」。
その姉妹紙として、よりマダムな女性向けの上質内容cocolaPlusです。
実はなにげにオーナーも読者層どんぴしゃだったりします。
同年代なオーナー厳選、ここち すたいる の雑貨も、
きっと気に入って頂けるのではないでしょうか。

その他にも、落ち着いた大人の女性にぴったりな情報盛りだくさんです。
表紙のオシャレなカフェは、その窓の奥がテラス席(東屋席)になっていまして
鯉への餌やりも楽しめちゃいます。(店員さんに聞いてみてください)
営業部長も大喜びでした。
詳しくはcocolaPlusをご覧ください!その他にもステキな情報満載です!

 

 

壁紙雑貨ワークショップ「壁紙表紙のノートブック」ご紹介

梅雨らしい雨空かとみせかけて、降らずにじわじわ蒸し暑い今日この頃。
涼しい部屋で紫蘇ジュースを飲みつつ、簡単な雑貨作りはいかがでしょうか。
蒸し暑さを忘れちゃいましょう。

以前に続きまして、店内ワークショップその2のご案内です。

IMG_4844

「壁紙雑貨ワークショップ・壁紙表紙のノートブック」

7/23~8/11の期間中、店内にて行うこのワークショップは、
空きがあればいつでもご参加いただける、お気軽タイプのワークショップ。
1日1組限定で、1名様からご参加可能ですので、のんびりマンツーマンも可能です。
(最大人数・4名様まで)
当日受付大歓迎ですが、事前予約の方優先とさせていただきます。ご了承ください。

IMG_4837

さてこちらは、店頭でも販売しています壁紙ノートを作ろうというワークショップです。
内容は単純。
市販のノート表裏背表紙に両面テープを隙間なく貼り付け、そこに壁紙を貼るというもの。
簡単な内容ですが、カッターに慣れていない方には
なかなかやりごたえのある短時間ワークショップとなっております。

ノートは、A5サイズのノートorリングノート、
A6サイズのノート、手のひらサイズのリングメモ の4種類。
A5サイズは作ってみると意外と大きいです。
1回500円で、A5なら1冊。A5以外なら2冊お作りいただけます。

IMG_4848

肝心の壁紙はたくさんの種類がございます。
上画像以外にも、見て楽しいステキな壁紙がたくさんです。
各柄1枚づつしかありませんので、柄選びは早い者勝ちですよ。

使用する壁紙は、インテリアコーディネーターのオーナーが
お客様との打ち合わせの際に使用したカットサンプルです。
通常サンプルは打ち合わせ後、不要となるので捨ててしまうのですが
こんなに可愛いのに!MOTTAINAI!と平店員(け)が再利用を提案。
今年春から“Wallpaper ×stationery”として製作販売を開始し、
今回ワークショップにも使うことになりました。

IMG_4841

インテリアというと、家具や雑貨小物を思い浮かべがちですが、
印象をもっとも左右するものは、部屋の大きな面積を占めているカーテンや壁紙です。

ただ、専門知識や技術が必要になってくるため、なかなか気軽には扱えないもの。
専門業者への相談も、迷っている・ただアドバイスが欲しい や、
どうにかしたいけど、何を聞いたらいいのか分からない
という段階ではなかなか話しづらいですよね。
そんな敷居が高く感じられがちな、プロへのインテリア相談をもっと気軽にしていただきたい。
カーテンや壁紙の多様性を知っていただき、興味を持ってほしい。
その切っ掛けとなれればと“Wallpaper ×stationery”の商品展開および
今回のワークショップをご用意した次第です。

可愛い文房具が作りたい方から、軽くインテリアについて相談したい方まで
気軽に楽しめるワークショップですので、ぜひご参加お待ち申し上げます。

可愛いノートは机の上にあげておくだけで絵になりますよー!

 

11周年イベント毎日使いたいものキッチン編、その2

ここち すたいる 11周年イベント「Happy Housekeeping!」でのメインコーナー
「毎日使いたいもの特集」。キッチンアイテムご紹介の続きです。

IMG_4706

実際使って納得の、お勧めしたいアイテムばかりです。
今回も少しだけですがご紹介。

IMG_4668

リネンの風合いがすてきなキッチンクロス、ヴェクスボ リン社のものです。
左が我が家で使っているもの。
リネンは伸び縮みが結構ありますので、洗ってそのまま乾かすうちのキッチンクロスは
なかなか皺しわで、厚みがあります。

IMG_4672

糊付けされている未使用品と比べるとこの違い!
一回りも大きさが違いますが、吸水性は使えば使うほど良くなっていますね。
おろしたての頃は、中川政七商店の蚊帳タオルと比べイマイチだったのですが
今では、同じかそれ以上。丈夫さはガシガシ使っても蚊帳タオルの3倍。
良いものを長く使うを文字通り体現しているキッチンクロスです。

IMG_4678

本当は、リネンの風合いを保つため、毎回20分ほどぬるま湯に浸してから中性洗剤で
60度を上限としたお湯で洗濯をするとよいそうなのですが、すみません
うちでは気にせず他の手拭きなどと一緒に、洗濯機にポイしています。
で、そのまんまひっかけて放置です。雑な扱いなのに、乾きが早いのでカビ知らずです。
もっとふわふわ優しいクロスを楽しみたい場合は、
洗って脱水のたびアイロンをかけると柔らかく仕上がるそうですよ。

なんとなく憧れるけどはたして使えるのか謎なリネンのキッチンクロス。
いざ使ってみると実は機能面でも優れ、
丁寧な暮らしとは程遠い我が家のような扱いをしても長持ちの、使えるクロスでした。
まずなにより、良いもの使ってる!というだけで気分が上がりますよね。
たぶん無意識に丁寧に使っているのかもしれません。
(可愛いネイルをすると指先が気になって丁寧に行動する現象と同じです)
丁寧に暮らさせてくれるキッチンクロス、おすすめですよ。

IMG_4693

こちらはより技術的な“最先端テクノロジーから生まれたウルトラマイクロファイバー”を使用した
万能クロスです。右が我が家の現役バリバリなダブルクロス君。
色は違いますが物は一緒です。白を選んでしまって汚れが目立つのが困りものですが
ここちで販売のものはグリーンなのでご安心ください。

IMG_4699

何にでも使えるMQデュオテックス。
TVやPCモニターの汚れ・お風呂掃除・洗車などなんにでもいけますが、特にお勧めなのが
コンロのオイルミスト対策。揚げ物後には必須です。
油が固まらないその日のうちにきれいにしちゃいましょう。
まずは油汚れに霧吹きでお水を拭きかかけます。ただの水です。

IMG_4694

次にダブルクロスのパイル地の面で、霧吹きしたところを拭き取ってください。
これだけです。本当にこれだけです。
揚げ物が大好きな我が家のコンロ周りは、この簡単なお手入れでいつもピカピカです。
ぬるっとしたことはありません。拭き終わったら水でかるくゴシゴシすすいで洗濯機にポイ。
気楽にできちゃいます。干すのも先ほどのリネンと同じ引っ掛けておくだけ。
逆の面ではシンクの水はねあとを磨いて落とせますし、とっても便利なクロスです。


ここち すたいる はオーナーが選び抜き使ってこれは良いと思うものをお勧めしています。
当店は、天然繊維のみ!ですとか、手仕事オンリー!等の縛りはありません。
あるのは、「便利で人と地球にやさしい。」これだけです。
こちらのダブルクロスも、科学技術から生まれたものですが、使用時は水のみ。
ゴミもでず、洗剤は洗う時だけ。しかも他のと一緒に洗えるから1度にできて節水にもなる。
スウェーデンでは地球にやさしいエコなお掃除「グリーンクリーニング」というらしいですが
まさに、その考え方が、ここちの理念の一つなんです。

今回、あれこれと我が家で使っているアイテムをご紹介しましたが
どれもこれも家事を助けてくれるのはもちろん、洗剤を使わない/使う量が少なくて済む
手入れが楽で漂白剤とか使わない、場所を取らずストレスフリー、
長持ちでトータルで見るとお財布にもエコ、オシャレなので気分的に楽しい
な、ものばかりです。私自身実感しています。

「Happy Housekeeping!」は、家事をする自分がハッピーに、そしてそんなあなたを見て
家族もハッピーに、さらには結果的に地球もハッピーにの
オールハッピーを目指した特集だったりします。
ちょっと盛大になってしまいましたが、そんなハッピーへの第一歩。
店頭で実演&お試しも行いますので、お気軽にお声掛けください。
使ってみなきゃわからない!お店でお待ちしています。

 

11周年イベント毎日使いたいものキッチン編、その1

ここち すたいる 11周年イベント「Happy Housekeeping!」でのメインコーナー
「毎日使いたいもの特集」。キッチン・ランドリー・クリーニングの3テーマに合わせて
便利雑貨を一同にご覧いただくため、ただ今続々とアイテムが入荷中です。

今回はその中から、当店で実際使っておススメアイテムを、一部ですが簡単にご紹介。

IMG_4706

やっと梅雨らしくなってきた今日この頃、キッチンはジメジメと無縁の所にしたい!
というわけで、キッチンすっきりアイテムをどうぞご覧ください。
(長い間使用しているものもありまして、見た目が年期入りすぎなものもございます。
お目汚し注意ということでよろしくお願いいたします…。)

IMG_4661

当店人気商品デッシュウォッシュスポンジ、簡単に言うとお皿洗いスポンジです。
けっこうガリガリいきそうな触り心地ですが、テフロンをガシガシ洗っても大丈夫な万能君です。
油汚れがひどいものを洗ったときは、熱湯をかけてあげるとすっきり。熱にも強いんですよ。

左から、売り物・現在我が家で使用中のおろしたてスポンジ、3か月使ったスポンジ、です。
並べてみてびっくりしました。縮んでる!でも、実は不自由なく使えてました。
慣れってすごいですね。こうしてみるとどう考えても一番右はなりえないですが
でもでも、本当に不自由なく洗えていたんです…
(さすがに替える前は泡立ちが少し悪かったですが)

IMG_4659

横から見れば、ほらご覧のとおり。半分のサイズになってますね。
ただ、しつこいようですが、頑丈な作りなので、長く使えます。むしろ使えちゃいます。
汚れも焦げも、洗剤ばかりに頼らずにかなり気持ちよく落とせるので重宝しています。
ぜひ皆様もテフロンフライパンからお高めカップまでガシガシ洗ってみてください!

IMG_4681

お次は四万十ひのきまな板です。自立します。これだけでもう便利です。
我が家の四万十まないたは実は6~7年前から使っているものです。
果物、パン、チーズ、トマトにきゅうりにネギにウィンナー…大抵のものは切ってます。
が、新品と比べてそんなに劣化していないですね。我ながらビックリです。

IMG_4683

店頭で売っているものより小さくカットボードサイズなので、ペティーナイフがちょうどいいです。
ひのきなので、油分が豊富。そこに含まれる抗菌作用で、変色しにくいらしいですね。
なるほど、だから雑に扱っているのにきれいなんだ!
たしかにひのきのお風呂はぬるぬるしますもん。あれ、木の油分なんですねー。

ちなみに、キッチンハイター等の漂白は一切したことがありません。
両面つかえて、洗ったら立てておける便利まな板です。


さて、
何だか長くなりそうなので、続きは次の記事に書きます。
もう2点ほどなだけですが、もう少しご覧いただけたら幸せです。

この記事でお伝えしました通り、当店で販売している商品は
実際自分たちで購入し、機能や使い心地に魅力を感じたものがほとんどです。
もしご購入を迷われているものがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
お試しも可能ですし、使ってわかる長所短所も
(あくまで個人の感想ですが)お伝えできたらと考えております。
どうぞ皆様が毎日の Housekeeping!をHappyに感じますように!

 

手拭いワークショップ「畳んで縫うだけ手拭い帽子」ご紹介

ここ最近はしっかり梅雨空の上越市。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、ここちでは11周年イベントの準備で大忙し。
もうすぐDMをお送りできるかと思います。どうぞお待ちください。
今回は一足お先に店内ワークショップのご案内です。

IMG_4768

「てぬぐいワークショップ・畳んで縫うだけ手拭い帽子」
7/23~8/11の期間中、店内にて行うこのワークショップは、
空きがあればいつでもご参加いただける、お気軽タイプのワークショップ。
1日1組限定で、1名様からご参加可能ですので、のんびりマンツーマンも可能です。
(最大人数・4名様まで)
当日受付大歓迎ですが、事前予約の方優先とさせていただきます。ご了承ください。

IMG_4764

1枚あると何かと便利なこの手拭い帽子。
頭のサイズ関係なくご利用になれますので、プレゼントにもおススメです。
親子料理教室の三角巾代わりに、お揃いの手拭いでペアルックもステキですね。
入院中のオシャレにもいかがでしょうか?お見舞いギフトによく選ばれています。
また、今のような蒸し暑い季節は
“ゴムで縛るほどの長さじゃないけど邪魔なサイドの毛”
を押さえておくのにも便利ですよ!
特に家事中はとっても涼しく使えます。

IMG_4782

家庭菜園中のオーナー旦那様を捉まえて、手拭い帽子をかぶっていただきました。
男性でも“姉さんかぶり”し後ろで玉結びできるぐらい余裕があります。
畑を愛するお父様・旦那様・彼氏さん・友人さんへのプレゼントにいかがですか?
ちなみにこのかぶり方は、日差し除けにもなってすごく便利ですよ。

また、たぶんぎゅっと結べばお子様にもいけると思います。
営業部長にかぶたところ、瞬時に逃げられ写真が取れなかったのですが
なかなか可愛くかぶってくれました(暴れて一瞬でしたが)
縫い方を覚えてたくさん洗い替えを作るのも楽しいですね!

IMG_4809

ワークショップの際には、ここち すたいる オリジナルの作り方用紙を差し上げます。
店頭で手拭いをお選びいただき、レジにて受付&手拭いをご購入。
針や糸など必要な道具類はコチラでご用意いたしますので、その後さっそく製作開始です!
3年前の8周年の時にも一度手拭い帽子のワークショップをいたしましたが
前回と違い、今回は閉店までお時間がたっぷりございます。
「私、手が遅いんです…」なんて方も大丈夫!
「他の人のペースについていけるか不安…」ご予約いただければマンツーマンで
人目を気にせずじっくり制作に没頭していただけます!

おススメは小紋柄。
写真中央の「バラ」地の色がは肌馴染みもよく、帽子用にかなり人気の柄です。
またチェックや幾何学柄も、普段の服装に取り入れやすくお勧めです。
手拭い選びからじっくり時間をかけれるのも今回のワークショップの良いところですね。
あれこれ広げて、お鏡でご確認いただけます。


こんな「畳んで縫うだけ手拭い帽子」いかがでしょうか?
作り方の用紙があれば、タオルなどにも応用ができそうですね。

講師:オーナー秋山綾子
参加費:500円(手拭い代別途)

詳しくはお気軽に店員までお問合せください。
電話・メールでもお待ちしております。