べんり雑貨

こんどはてぬぐいエコバッグ

話は今年の3月初め頃に遡ります。
和雑貨ブランド「かまわぬ」から、とあるご提案をいただきまして
当店オーナー秋山が、何やら売り場や在庫棚を行ったり来たりしていたのですが…

(さらに…)

 

春のクリアランス2021始まりました!

春です。やっとこさ春です!
毎年恒例のこの時期がやってまいりました!

(さらに…)

 

五泉のニットマスク秋冬向けですよ

とうとう季節は冬へ、マスクはやっぱり手放せず。
それならどんどこ進化しちゃおうよマスク!
という訳で、22631295000(つつむサイフク五泉)のニットマスクが進化して
秋冬向け、伸びるリバーシブル綿麻ニットマスクができました。

なお、今回実際に身に着けた話をメインに据え、
接写での商品表面の紹介はしておりません。
生地の柔らかさなどは春に発売された初代マスクと同等だと感じておりますので、
生地表面はこちら↓↓↓のブログ記事の画像をご参考頂ければと。

かおをつつむ/のびるニットマスクやわらか綿麻リバーシブル

肌触りのよさはそのままに、編み方を改良しより快適な着け心地になりました。
詳しいことはサイフクさんのWebサイトに書いてありますので、ぜひどうぞ。
というわけで、今回は体験レポートだらけで商品説明させてください。

(さらに…)

 

はいから堂2020ワークショップ

11月も半ばに入りどんどこ寒さに向かう毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
年の瀬はいから堂に向けて、ここちすたいるは準備そして準備。
先ほどオーナーがDMを発送したようなので、
こちらでワークショップのご案内をさせてください。
一つ前のブログ記事( 年の瀬はいから堂2020 )にて簡単にご紹介いたしました
インテリア素材で作る「はじめてさんのカルトナージュ(布箱)」
「色々使えるメモリアル帳(御朱印帳)」の2種類です。

まずは「はじめてさんのカルトナージュ(布箱)」から。

(さらに…)

 

THE消毒ウェットタオルあります。

「コロナ禍」
まだまだ油断は大敵ですが、何となく落ち着けるようになってきたかな?
な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そう、まだまだ油断は大敵なのです。
先日テレビを見ていましたら“こまめに拭き取りが大事”とのことでした。
そこでこちら、拭き取りに最適なウェットタオル(ティッシュ)のご紹介ですよ。

THE WET TOWEL(ザウェットタオル)
ボトルタイプ:900円+税  ポケットタイプ:800円+税

スタンダードブランドTHEの“消毒できる”ウェットタオルです。
ボトルタイプとポケットタイプの2種類。
実はこちら、4月に一度入荷したのですがすぐに売り切れてしまい
再入荷もなかなか叶わなかった、やっとこさの商品でございます。

(さらに…)

 

五泉ニットのマスクです

マスクの話題ばかりで申し訳ございません。
が、コロナ禍の影響で連日お問い合わせいただいております当店マスク。
店内生産で地道に製作しておりましたが、如何せん材料不足でして…
(とは言いつつ、まだまだいけそうです)
そこでついに!当店取り扱いメーカーがマスクの開発をしてくれました!
もちろん即注文いたしましたよ。それがこちらです、ジャン。

226 3129 5000

電話番号かな?な、数字の羅列ですが、こちら立派なブランドネームです。

(さらに…)

 

マスクあります白やメンズも

暖冬のおかげで、花粉が早くから飛びアレルギー症状ひどいです。
季節の変わり目低気圧のおかげで、やっぱりアレルギー症状ひどいです。
三寒四温の落差が激しく、やっぱり体調が安定しない。
今年はさらに新型コロナの影響で毎年必需品のマスクがない!

そんなある日、ご来店されたお客様からご相談がありました。
マスクを作るためにキットを買ったんだけれど、
ミシンの調子が悪いので代わりに縫ってほしいと。
ちょうど同時に、別のお客様から
てぬぐいでマスクを作ってほしいとのオーダーもいただきまして、
せっかくだから作ろうぜ!と、いうことになりました。

(さらに…)

 

あたたか靴下たくさん

雪のない1月後半。
快適と不安が入り混じった変な気分ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
日が照ってまるで3月のようなんですが、
家の中で暖房無しはさすがに寒いです。足元が冷えます。

と、いうわけで
足指先&足首の冷え対策に、あたたか靴下いかがでしょうか?
あたたかいだけじゃない!
デザイン性&その他機能性もばっちりの物揃っていますよ。
一部分ではございますが、この場を借りてご紹介いたします。

(さらに…)

 

花束ふきん3種、お熨斗も承ります

お店の数あるふきんの中でも、特に人気なのが中川政七商店の「花束ふきん」。
ふきんにプリントされた花々をトレーシングペーパーの帯で包み
花束を模したパッケージングにしているこちら。
パッケージにメッセージ性を込められるとあって、
退職や転居などの節目にごあいさつで配られる方が好んでご購入されています。

そんな花束ふきん、実は3種類あったのご存知でしたか?
ここ最近まで常にどれか一つ二つ欠品している状態で
ご所望の方には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
ただいま珍しく3種売り場に揃っておりまして、せっかくなんで
以前ご紹介したものと被ってしまいますが改めましてご覧くださいませ。

中川政七商店 / 左から  花束ふきん黄色 花束ふきん 花束ふきん水色
(さらに…)

 

ふきん祭りだよ全員集合・後編

長い長い満開で楽しませてくれた桜たちも、春の風でお別れの時期。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

間が空いてしまってすみません。
前回から引き続きふきんのご紹介をいたします。
実はその間にも、母の日向け鹿ちゃんふきんですとか新柄続々入荷しておりまして
写真が撮りきれていない状況でございまして…
こちらにご紹介していない分はぜひ実店舗でご確認いただければと思います。
ふきんたっぷりなんですよ。売り場に並べきれなくて困っているほど。

花束ふきん : 黄色  通常色

パッケージもアレンジされ、まさに花束な「花束ふきん」。
かさばらず、使える花束。
御挨拶やちょっとした手土産など、プチギフトにおすすめです。

右手ピンク系が通常色となっております。
白のダリアとピンクのバラ・赤いポピーなど、花言葉が「感謝」の花がメインに描かれ、
まさにプレゼント向け。母の日やお誕生日などにいかがでしょうか。

黄色は明るく元気な花束です。
ミモザ、ガーベラ、オンシジウムといった黄色やオレンジ色の花が描かれています。
正直、ガーベラをミニ向日葵だと思い込んでいたのでお恥ずかしい限りですが
どっちにしろ元気満点ですね!
いつも使うふきんだから。カラーセラピーの意味合いも込めて。

天(そら)のふきん :  左から  暁の天(あけのそら) 午の天(ひるのそら) 宵の天(よいのそら)

ふと見上げた空のグラデーション。それをふきんに表現してみました。
手元を見つめ作業中にも、そこに空。情緒的なふきんです。

ちなみに、お星さまが舞っているように見えますが、そちらはパッケージ印刷でして
本品はグラデーションのみとなっております。

明け方の朝日が眩しく照る空、 真昼の爽やかな青空、 暮れゆく宵時の空。

中川政七商店公式オンラインショッピングサイト
天のふきん説明文より引用
https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/g/g4547639576057/

地球の奇跡「天の色」を上記3種に分け染めたふきん。
由来抜きにしても、シンプルでありながらロマンチックな雰囲気で
和洋テイスト問わず使える優れものですね。
柄物はちょっと…な方にもおすすめです。

道具ふきん : 籠物(かごもの)  焼物(やきもの)

リアルかつシンプル、かといって遊び心は忘れない。
そんなライフスタイルの皆様へ、こちらの「道具ふきん」シリーズはいかがでしょうか?

ナチュラルなインテリアに馴染みやすい雰囲気のふきんです。
それぞれのテーマに沿った暮らしの道具が、様々なバリエーションで描かれています。
細身の線で描かれ、上品なポップさというのでしょうか。
子供っぽくなり過ぎないイラストが絶妙なバランスで素敵です。

こちら、江戸時代から伝わる「ものづくし絵」を参考にデザインされています。
ものづくし絵とは、おもちゃ絵という子どものおもちゃのひとつで、同じ分野に属するモチーフを集めて描かれた、いわゆる今にあたる百科事典のようなものなんだそうですよ。
考えることはいつの時代も一緒ですねぇ。

個人的な話になりますが、こういった1つの物でいろんな種類を紹介する本が大好きでして、
図書館で良く借りて眺めて満足しております。ので、このふきん楽しくて仕方ありません。
皆様はこれらのかごの形状から、何に使うものか分かりますか?
竹か籐かあけびか山ブドウか~なんてことも考えながら眺めていると面白いですよ。
焼き物の方も、特徴的な模様の描き方で産地が特定できちゃうかもしれませんね。

鳥獣戯画・お花見ふきん  魚づくしふきん

お花見!これから山桜が見頃なのでまだいけます!
というわけで、大人気の鳥獣戯画シリーズから、
春のお花見ふきん・夏の魚づくしふきんです。

日本最古の漫画とも言われる「鳥獣戯画」。
擬人化された動物たちが、じつに生き生きと描かれております。
じっくり見ていると、現実にも同じような仕草をする人がいるなぁと、しみじみ。
やたら人間味あふれる鳥獣魚に、作者の人間観察眼がいかに鋭かったかみてとれますね。
特に金魚なんて、ヒレの使い方が絶妙過ぎて!
見た目まんま金魚なのにここまで描けるのがすごい!

お気に入りの一コマです。
金魚の丸みに笑ってしまいました。いる。こういうおっちゃん。
狐もいい味出てますねぇ。何におびえているのでしょうか。
きっと人間に尻尾があったら、同じポーズとることありますね。
心理描写がものすごく精巧です。
今も昔も、遊び心は素晴らしいものを生み出すパワーなんですね。

ドラえもんふきん : 仲間たち ・ ドラえもん

みんな大好きドラえもん。
ふきんもやっぱりドラえもん。
当店営業部長の映画デビュー作が「ドラえもんのび太と月面探査記」だったもので
記念にここちでもドラえもんもの入荷でございます。どハマりしてるね営業部長。

まず注目すべきはパッケージです。
小学館てんとう虫コミックスを再現した物となっております。すごいです。
てんとう虫の絵が“綿”になっていたのには笑ってしまいました。
遠目にはてんとう虫に見えちゃうのが不思議ですが、思い込みの成せる技なのでしょうか。

肝心のふきんも、もちろん原作絵をちりばめドラえもん愛にあふれておりますよ。
カラーの「ドラえもん」はドラちゃんの様々な表情&ポージングが楽しいふきんです。
こちら可愛いだけでなく、目立つので使いやすいんですよ。
我が家では子供たちの手拭き口拭き用おしぼりに使用しております。
とっさに必要な時すぐに手が出る食卓での目立ちっぷりがありがたい!

モノクロの「仲間たち」は漫画のページをそのままふきんにしたかのような雰囲気が魅力です。
さすが!と感動したのが、出木杉君がいること。
大長編ドラえもんでは、けっして一緒に冒険しないけれども物語導入部で話が始まるヒントをくれる役回りが多い出木杉君。出来過ぎるがゆえにアニメではなんだか嫌味っぽい話し方に感じられる出木杉君。そんな出木杉君を仲間たちに加えてくれた中川ふきんデザイン担当者様の、ドラえもん愛に溢れるふきんです。

大泣きのび太も、しょぼくれるドラえもんも、とにかく愛しいドラえもんふきんです。
普段キャラものを持たない生活でも、一つだけ遊び心でさりげなくあるとちょっとウキウキ。
ドラえもんは未来から笑顔を私たちに届けてくれます。

豆絞りふきん : ツバキ  アイ   8枚重ねふきん晒

もちろんベーシックなふきんもございますよ。
日本の伝統柄豆絞り。
よく手ぬぐいで使われていますが、ふきんにも使ってみました。
無難な色柄で、どんなキッチン・ダイニングのインテリアにもマッチします。

8枚重ねふきんは潔く晒の色そのままです。
シンプルが一番!機能性重視の方にぜひともお勧めしたいふきんですよ。

厚さを比べて頂きますと、ご覧のとおり。
通常中川政七商店のふきんは、蚊帳生地を表地・裏晒生地を5枚重ねていますが
8枚重ねふきんはその名の通り8枚重ねておりますので、
フンワリと厚みがあって拭きやすいです。
吸水性ももちろんアップしますし、丈夫です。
お値段は他のふきんと同じですので何だかお得な気分。
色柄の好みに左右されませんので、贈り物にももってこいですよ。


と、また長々書いてしまいましたが、とにかくどのふきんも魅力たっぷり!
使いやすさは折り紙つきですので、どなたにもおススメできる暮しの道具です。
また、プチプラですので、プチギフトで個数が必要な場合も便利ですね。
ラッピング&オリジナル熨斗紙制作サービスも承っておりますよ。
お気軽にお声掛けの上ご相談くださいませ。

続々新柄入荷中です。
お店で選んで楽しんじゃいましょう!
皆様のお越しをお待ち申し上げます。