季節のおすすめ, ここちノート, ここちギャラリー, 入荷のお知らせ, てぬぐい雑貨, インテリア雑貨, 和の潤い雑貨

春とディズニー(は少し)入荷しました

今年は立春が1日早くやってくるそうです。
ニューノーマルやニュースタンダードの言葉がちょこちょこ聞かれる昨今、
不動だと個人的に感じていた暦にも不変無い、なんだか目から鱗な気分です。
が、
世の中こうして流れてはおりますが、やっぱり春を楽しむ人の心は
時代を通して普遍で不変だと信じたい。
というわけで、今年も心ときめく春てぬぐい入荷しました。

左:春野菜づくし 右:レモン

今年の新柄「春野菜づくし」と近年の人気柄「レモン」。
これ写真が暗いのではなく、どちらも地色にベージュが使われており
ポップな柄ながら、落ち着いた使いやすい色味になっております。
飾ってもよし、使ってもよしな万能選手ですね。

ちなみに春野菜づくしは業者向けカタログの表紙にも使われており
かまわぬさんの今期自信作なのが伝わってきます。
ぜひ全国の八百屋さん・JA直売所に飾っていただきたい!
食育にもお勧めですよ。

左から: 枝梅  花筏 霞  染井吉野

写真左右が新柄となっております。
梅と桜が並ぶのもあれなのですが、可愛いので一緒に写真撮りました。
優しい色味なのですが、どれもモダンな雰囲気。和洋問わず楽しんでいただけそうです。

なお、真ん中の花筏は、小紋柄と見せかけて実は絵羽柄。
水面に浮かんだ花弁が、波で左右に流れ湾曲した模様を作り出している様子です。
これがまた美しい。疎と密による表現が素晴らしいです。
ぜひ売り場で見かけましたら広げてご覧ください。

タペストリーやてぬぐい額に入れての楽しみ方も良いですが、
このようにしてインテリアアイテムに取り入れるのも、おすすめです。
一辺30cmの小さめクッションでしたら、切らずに縫うだけでカバーが出来ちゃいますよ。
(写真は縫ってもおらず、ただ巻いているだけですが。)
その他、テーブルセンターやランチョンマット、お手拭き食器拭き台ふきんetc…
お手軽なあたりで季節を取り入れると、肩肘張らずに楽しめますね。

※かまわぬのてぬぐいは、織り目が詰まった丈夫な晒を使用しておりますので
 ザクザク手縫いの場合は事前の水洗いでしっかり糊を落とし、
 できれば指ぬきのご使用をお勧めいたします。
 ミシン使用の際もパワーが弱いものですと、縫い進める際に
 なかなかドキドキする音を出してきます。お気を付けくださいませ。

左から:  ミモザ  新緑  いちご

こちらは見慣れた春の柄ですね。
(たまたまなのですが)左から右に段々柄が古くなっているの、
お気づきでしたか?
ミモザは去年のカタログ表紙柄だった気がします。
新緑も表紙になったことありますね。
いちごはスタッフ(け)がここちに入る前からあったような。
とはいっても時代関係なくどれも可愛いです。
柄の魅力は普遍で不変なのだと実感します。

当店では、てぬぐいをインテリアパネルにして飾ることもお勧めしておりますよ。
ご希望がございましたら、制作代行や単発ワークショップも可能です。
(てぬぐいの幅的にサイズが限られてきますのでご注意ください)
また、かまわぬの“切らない穴開けない取り替えられる木製パネルベース”も
ご用意してございます(こちらは正方形のみです)
下記の過去記事でご紹介しておりますので、もしでしたらどうぞ。

二年前の記事です。写真に写るテーブルがボロボロなのには目を瞑って頂けますと助かります。

ちなみに、上の写真にあります「いちご」のパネルは、
営業部長が初めて自分で選んで、初めて自分で作ったパネルなんです。
飾る場所も指定されました。はじめは何故ここにと不服だったのですが
今改めて見るとシワシワパネルも家族写真と相まって良い雰囲気。
こんな感じで気軽に飾ってみてはいかがでしょうか。

左から:  こでまり  シロツメクサ  額装 花水木 

こちらも見知った方も多いであろう近年の柄ーズですね。
「こでまり」と「シロツメクサ」は縦横問わず飾っていただける大き目小紋柄。
「額装 花水木」、全体柄写真撮るの忘れてしまいました。すみません。
縦柄で、方辺からいくつも伸びる花葉が白抜きとぼかしで表現された
とても優し気な柄となっております。さすが額装、掛け軸のようですよ。

左から:  額装 山つつじ  藤棚  青空つばめ

こちらは広げてみました。華やかな3柄です。
「額装 山つつじ」は、何だか紅型チックな色味が素敵な目を引く一枚。
かまわぬ公式では実はこれ裏なんですが、裏表無いのがてぬぐいの良いところ。
お部屋のバランスに合わせて、表裏使い分けていただければと思います。
「藤棚」もこれ裏ですね!すみません。
地の色にもうっすら藤色が入っていて、奥行きがある藤棚の雰囲気が
見事に表現されています。ここにクマバチ君が飛んでいたらパーフェクトでしたね。
個人的にあの爆音な羽音が苦手なので、そこまでのリアルさが無くて良かったです。
「青空つばめ」は言わずもがな。ファンの多い一枚です。
当店周辺、時期になりますと燕の楽園と化しますので、ものすごく親近感が。
気を許すと車庫や店内にまで(!)遊びに来てくれますよ。
燕と上手いこと付き合えるようになりたいです。

飾るだけではなく、実用ばっちりなのがてぬぐいの良いところ。
我が家では趣味道具の一つとして、大活躍しております。
水槽を弄った後の、手&道具拭きなんですが
ちょうど良い掛け場所があったので、インテリアも兼ねて干してます。
今回は水草草原の上の青空のイメージで。
その日の気分で色々とっかえひっかえできるので楽しいです。
洗い物も苦にならない!てぬぐいマジックですねぇ。
皆様もおすすめの活用法ございましたら、是非お教えください。


そしてここからディズニーてぬぐいですよ。
3種のみですがどうぞご覧くだされば幸いです。

左から:  モンスターならべ  ダンボづくし  101匹わんちゃんづくし

かまわぬ×ディズニーピクサーその2です。
前回は…すみませんブログでご紹介してませんでした。
今確認しました。
前回の柄はお店で直接ご覧いただけたらと思います。すみません。

モンスターズインクでの最重要アイテム(?)ドアが並び
そこから顔を出すキャラクター達。もちろんブーちゃんもいます。
2歳児、モンスターですからね。ほんっっっと2~3歳児はモンスターですわ。
さて、このドアからは、悲鳴ではなく笑い声が聞こえてくるのでしょうか。
キャラクターたちの表情も豊かで、ファンにはたまらないてぬぐいですね。

「ダンボ」と「101匹わんちゃん」は公開時の絵柄が忠実に再現されており
少しクラシックな印象です。やっぱり可愛い!
向きの無い小紋柄なので、いろいろと使い勝手良さそうですね。
小さなお子様向けの、ブルマーやチュニックの生地にお勧めですよ。
エコバッグなんかにも向いてますね。
持ち歩いて自慢したくなる、そんな柄です。


というわけで、今回新たに入荷した分をご紹介いたしました。
ちなみに、店内上記柄以外にも、春やディズニー柄ご用意しておりますよ。

まだまだ路肩に雪が残り、コロナで先行きは見えず
春はずっと先かしらと憂鬱な日々ですが
それでも前を向くために季節を楽しんでいきましょう。
室内から春を呼ぶ、春の香りが感じられそうなてぬぐいたちです。
どうぞ選ぶ時分からウキウキ感じていただきたい!
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

Comment





Comment



CAPTCHA