季節のおすすめ, ここちノート, ここちギャラリー, 入荷のお知らせ, おしゃれ服飾雑貨

SOUKIのざっくり靴下入荷です。

このたび、初めましてなアイテムがここちに仲間入りしました。
奈良の靴下メーカー「SOUKI」さんのファクトリーブランド2種類入荷です。

まずはこちら。ブランド名は「ReLoop」(リループ)といいます。
男性にお勧めしたいお洒落な靴下。父の日に間に合ってよかったー。

スニーカーやサンダル・ワークブーツはもちろん、
少しきっちり目な革靴にも似合ってしまう、上品男気なコットンソックスですよ。

まずは「SOUKI」さん(漢字表記で“創喜”、グッときます)のご紹介おば。

SOUKI はくつ下の産地である奈良県の広陵町で、1927年に創業しました。
「品質がいいのはあたりまえ、日々の生活のなかで本当に良いと感じてもらえるくつ下を追求したい」
というものづくりに対する想いを創業当時より貫いてきました。

けっして大きな工場ではありませんが、90年近くにわたり受けつがれてきた技術とより良いくつ下をつくるための試行錯誤から成る進化を大切に、素材選びから最後の仕上げまでその素材に適した製法でひとつひとつ丁寧につくりあげています。

http://www.souki-knit.jp/ SOUKI 株式会社創喜 サイトトップページより引用

今では希少な機械とそれを操る技術を大切にしつつ、ただ守るだけではなくそれらを活かして
より良いものを提供してくれる。もっと言うと、歴史や技術・産地・素材などなどの物語性やこだわりが
靴下という商品にたっぷりこもっているが、かといってそれらを前面に出さず多くを語らずに
とにかく履いて心地よい靴下。

と、ここちすたいるのスタッフはSOUKIさんの理念やお品物に共感し、皆様にご紹介せねば!
となり今に至るわけです。
より詳しく知りたいわな方は、ぜひSOUKIさんのオンラインショップをご覧くださいませ。
知ってためになる読ませるコンテンツが充実してます。しかも分かりやすい!
誰もがふと湧くちょっとした疑問にもきちんと答えてくださっていますよ。
ぜひご覧くださいませ。

【奈良の靴下】SOUKI SOCKS ONLINE https://www.souki-socks.jp/

靴下生産量国内第1位の奈良県。
その名をトップに掲げる ReLoop のパッケージ、
シンプルですが靴下の雰囲気やコンセプトにぴったりでおしゃれですねぇ。

こちらの靴下は、名前に“Re”が付くだけに、リサイクルコットンを使用しております。
リサイクルコットンとは、名前そのままで

「日本の紡績工場で発生する、
 ヴァージンコットン(加工前の未使用繊維)を(糸などに)加工する際に発生した
 落ちわた(服や布団、タオルなどをバサバサすると、切れた繊維がハラハラ落ちて
 それがたまると埃となるのですが要はそれの工場バージョン。糸に撚れるほど
 長い繊維ではないので落ちるんです。ポニーテールした時落ちやすい襟足の後れ毛を
 イメージしていただければ。)の中でも線維が長いものだけを選りすぐり甘撚りに紡績した素材」
です。(調べると専門用語が多かったので自己流捕捉しましたすみません)

そんな、従来のものよりよっぽど手間がかかっている糸を、更にひとかせずつ手で染めて
稀少なローゲージの機械でざっくりと編みあげたという、とにかく手間がかかっている靴下です。
調べれば調べるほど「すっごく手間!」とびっくり。
そりゃ世のリサイクル製品お値段張るわけですわ。普通に作るより手間ですもん。
そんな靴下。化繊が少し入っているのは伸縮性のためなので、その点はご了承くださいませ。
詳しくはすでにこちら↓↓↓に載ってました。さすがSOUKIさん!

コットン100%の靴下ってある? SOUKIオンラインショップコンテンツページより。
https://www.souki-socks.jp/?mode=f5

と、いろいろ語りだしたら長いのですが
単純に靴下として魅力的。
ローゲージならではのしっかりと丈夫な生地感と風合いが感じられるソックスです。

ちなみに当店での取り扱いはハイクルーの長さ。
平置きの状態で、かかとから30cm程の長さになります(実際にはもう少し伸びますね)
よくある靴下より気持ち長いです。
伸ばした状態で椅子に座った時、ズボンから脛が見えないぐらいですか。
少しクシュっとさせて履いても素敵なローゲージなので、いろんな履き方が出来て良いですね!

そして続きましてこちら。ブランド名は「SOUKI SOCKS」(ソウキソックス)
会社の名前を冠した創喜のTHEソックスです。
「代々受け継いできた稀少なローゲージの編機と技術で作られた、
 素材の良さを最大限に感じられるくつ下」がソウキソックス。
ローゲージの靴下は少しカジュアル色が強いイメージで、
気軽に履ける分素材も気軽に思われがちですが、こちらのソウキソックス
従来ローゲージ靴下にはなかなか使われることのなかった高品質の天然素材を
たっぷりと贅沢につかい、丁寧にゆっくりと編みあげているそうです。
うーん、贅沢。
ローゲージならではのふっくらと贅沢なはき心地が足を包み込みます。
足に優しい靴下です。
さて、そのソウキソックスいくつか種類がありまして、その中でも今回は
「Woody」(ウッディー)を入れてみました。
オーナーが一目ぼれしたそうです。
まずパッケージがお洒落。靴下の形になってる!

かかととつま先で色を切り替えています。可愛い…。
ただ素朴な見た目だけで終わらない、こんな遊び大好物です。
スタッフ(け)、買って履いてみてますが、すっごく柔らか。
かといってごわつかずストレスフリーで履けています。
伸び縮みしっかりするのですが、締め付け感が無く足首にゴム跡が付きません。
そうゴム跡が付かないんです!年取って消えにくくなったゴム跡がそもそも付かない!
でもずり下がらない!最高です。
なお、どうでもいい話ですが、今の時期ペタ付くフローリングの上を
サラッとスリッパ代わりに履くのが自分の中で流行っています。蒸れないし最高。

糸とか商品特徴はパッケージに書いてある通りです。丸投げします。
なお、こちらは2サイズ(SとM)入れました。
ご夫婦や親子でお揃いも素敵ですね!

こちらは普通にクルー丈というやつです。
私今Sサイズ履いてますが、伸ばすとちょうど弁慶の泣き所です。
足のサイズ23.5なので、気持ちかかとに余裕あります。ぶかぶかではないです。

履いてみるとざっくり感&糸の太さが網目から伝わりやすい気がしますが、どうでしょう?
足の指が長めなので、可愛さが伝わりにくくてすみません。
本当はもっと可愛いです。こんな生々しさは無いはずです。

靴的にはやっぱり一番はスニーカーですかね。ビルケン系サンダルとか。
これからの季節スポーツサンダルとの相性ばっちりだと思います。
夏の冷え性対策にも良いですね。適度な厚みが足先を守ってくれますよ。


というわけで、新しい靴下のご紹介でした。
今後様子を見ながら、売り場に仲間を増やしていきたいなぁと目論んでおります。
地味に靴下が好きなので、SOUKIさんいろいろ履いてみたい靴下がたくさんなのです。

まずはお父様にありがとう。
背中(コンセプト)で語る男前なリラックス靴下で、
のんびりタイムを共に過ごされてみてはいかがでしょうか。
足元から伝わる感謝もあるはずです。
まずは実際お手に取って柔らかさを体験してみてください。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

Comment





Comment



CAPTCHA