季節のおすすめ

花祭りに添えて「仏花」のご提案などなど

「花祭り」。

かわいらしい響きです。
4月8日はお釈迦様のお誕生日、「花祭り」の日。
宗派に関係なく8日前後に全国各地でお祝いが開かれています。
ここち すたいる があります上越高田・直江津地区でも同じく。
むしろ寺院数が全国的にみても多い部類で、稚児行列などで、より身近な存在かもしれません。
4,000本の桜を誇る観桜会が開かれる高田公園でも、
お釈迦様に甘茶をおかけする小さな特設ステージがさりげなく設置され
なんとなく楽しいからお祝いしようか~な、身近っぷりです。

春のお彼岸は過ぎてしまいましたが、我が家の仏様にも綺麗なお花をお上げしたいなぁ。
でも仏壇が湿気ちゃう気がするし、花瓶をニャンコやチビがひっくり返したら嫌だなぁ。

そんなときに、こちらはいかがでしょうか?
フラワーアーティスト「プチ・フルール」さんによる、フューネラルフラワー(仏花)のご提案です。

IMG_7778

フューネラルフラワーというとあまり馴染みがありませんが、つまりは
“プリザーブドフラワー”と“ドライフラワー”を中心に“アートフラワー”等でまとめた仏花のこと。
器も、より上等の物を使用し、仏様にお上げするお花として格調高く仕上げています。
また、生花と違いお手入れもほぼいりませんので(たまに葉の表面などを埃取りをして頂く程度)
忙しくしていて、気づいたらお花が枯れてしまっていた…なんてこともありません。

IMG_7783

こちら ↑ は対になっていますが、おひとつから飾って頂いても素敵ですね。
房は現在カバーで覆っていますが、お供えの際外して頂けますと、より美しくご覧になれます。

仏花というと菊などを連想しがちですが、バラやカラーなども使って華やかに仕上げています。

IMG_7781

基本オーダーで承っておりますので、ご自宅の雰囲気に合わせて花の内容も変えられます。

最近では、お仏壇も小さ目にデザイン性の高いものが多くなっていると聞きました。
お供えするお花も、それに合わせてよりモダンに洗練されても良いのでは?と
オーナーとプチ・フルールさんが話し合い、こうして当店で取り扱いが始まったのです。

蓮などの象徴的なアイテムは無理に入れなくても、
故人のお好きだった花を中心にまとめても素敵ですね。
お部屋のインテリアに馴染みつつ、故人やご先祖様を敬えたらなんて素晴らしいでしょう。

IMG_7795

こちらはアートのみの組み合わせ。
アートのみですが、グレードの高いものを使用しておりますので、
遠目では分からないぐらい精巧です。

IMG_7739

ちょっとしたパール調の飾りが入って、とても可愛らしいですね。
いかにもな仏花ではない、作品としても美しい「フューネラルフラワー」を目指しておりますので
あえて仏壇前ではなくても、玄関先や飾り棚などに置いても素敵だと思います。

IMG_7731

ちなみに、こちらのフューネラルフラワーは、ワックスベースと呼ばれるものを使用しておりまして
底のスイッチをいれると、上の画像のように光ります。
こんな楽しいものもあるんですね!

お花や器の種類・素材、サイズ、ご予算などお気軽にご相談ください。
インスタの画像や、本や雑誌の切り抜き等お持ちいただけますと、より具体的で伝わりやすいです。
お気軽にご相談ですので、大体それだと幾らぐらいから~なザックリとした話になると思います。
その後、お客様から制作オーダーをいただき、オーナーが間に入る形で
プチフルールさんと打合せ、最終確認後、制作になります。

普段なかなか実家に帰れないけれど、お仏壇に御供えはしていたい。
今度の法事が良い機会なので、そこに大きめの花を飾って、そのまま楽ちんさせてほしい。
そんなオーダーを過去に頂き、制作しております。
仏花の新しい形「フューネラルフラワー」で、故人やご先祖様と
もっと気軽に向き合えたら素敵ですね。ご興味持たれましたら、ぜひ店員までお声掛けください。

 

IMG_7755

さて、ご一緒に、弔事アイテムのご紹介も。

以前、慶事用の金封入れをご紹介いたしましたね。
「おめでたい!祝儀袋と金封入れ」

こちらも、一家に1つは持っておきたい不祝儀入れです。
古布作家さんによるものと、中川政七商店による挟み袱紗になります。

IMG_7757

挟み袱紗はその名の通り、スポッと袱紗に挟むだけです。
磁石が中に仕込んでありますので、逆さまにしても落ちません。安心安全です。
また、そのためとてもスリムな金封入れになっております。カバンの中身を圧迫しません。
表面の麻の風合いが素敵ですね。
ちなみに紫色ですと、慶事も弔事もどちらもいけるそうです。
男性の方におすすめですよ。

IMG_7760

ここちでは、祝儀入れ以外に「不祝儀入れ」も取扱いしております。
“御霊前”と“御佛前”の2種類ございます。お住まいの地域などにあわせてお選びください。

IMG_7789

銀砂子入りの和紙に、グレーの文字がプリントされています。
ほんのりグレーに染められた蓮の貼り絵が飾られた、優しい雰囲気の不祝儀袋です。
お悔みの気持ちを、その優しさにのせて伝えます。
蓮の花は1つづつ職人による手作りです。

IMG_7768

また、香典のお返しなどに、中川政七商店のふきんはいかがでしょうか。
布巾が1~4枚程入る、弔事用の化粧箱もご用意しております。
感謝の気持ちを、こだわりのアイテムときれいな箱に込めて伝えましょう。

IMG_7764

個数関係なくご注文承ります。お気軽にお問い合わせください。
包装・熨斗紙もサービスでご用意いたします。
皆様のお心遣いのお手伝いを致します。


街のあちらこちらで桜が咲き始め、曇り空でもなんだかホンワリとした今日の花祭り。
明日あたり甘茶をかけにいきましょうか。
いっしょにお家のお仏壇に、御供えの春のお菓子も探しましょうか。

宗教や宗派に関係なく、故人を慈しむ心は皆同じ。
花祭りを良い機会に、忙しい毎日で見失いがちな
「思い出と笑顔で過ごす優しい時間」を、ご用意できれば。そのお手伝いが出来ればと思います。
商品のご相談だけでなく、ただ話がしたい。聞いてほしい。
アットホームな当店ですから。お茶を飲みながらでも、いかがでしょうか。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

季節の絵はがき入荷しました

4,000本の桜が咲き誇る、城下町高田。
桜の時期は皆ソワソワで、開花前は今か今かと気もそぞろです。
公式な開花宣言はまだですが、高田公園では咲き始めているそう。
彼岸桜は大分咲いているでしょうか。

そんな春の喜びを、素敵な水彩画と共に大切なあの人へ伝えませんか?
季節のハガキ“春”が入荷いたしました。

IMG_7342

上段左端から時計回りに、 そめいよしの・四十雀と山桜・桜・紅しだれ・鬱金の桜・桜と菜の花。

開花宣言に合わせて、季節のあいさつを出すのも楽しいですね。
紅シダレにソメイヨシノ、珍しいウコン桜、里山では菜の花と一緒に山桜が咲く風景が。
春の主役に誰もが心を奪われます。
シジュウカラやメジロは桜の花の蜜を吸うそうですね。なんて可愛らしい!
鳥も桜が大好きです。

IMG_7348

繊細な表現による桜画から、色の濃淡を楽しむぼかし表現が美しいものまで
ひとえに水彩画と申しましても、様々な広がりがあります。
和紙のハガキなので、紙の表情がプラスされ、更に奥行がある絵になっています。

毛筆向けではありますが、他の筆記用具でも滑らかな書き心地でお楽しみいただけますよ。

IMG_7353

左から、山桜・ぼかしはがき/桜・しだれ桜。

こちらは写実的な表現が美しいものや、キラを漉き込んだ和紙に手差しの印刷機を使ったもの
少し抽象的なホンワカしたタッチが可愛らしい絵はがき達です。

自作の一句を書きとめて飾るのもステキです。

IMG_7354

淡い雰囲気が春霞のよう。

(こちらは在庫が少なくなっておりますので、ご注意くださいませ。)

IMG_7357

上段左端から時計回りに、菜の花と紋白蝶・三角草・すみれ・赤詰草・パンジー・猫とタンポポ。

こちらは、優しく野や道端を彩る、春の草花シリーズです。
桜のような目立った華やかさはありませんが、日々の暮らしを明るくしてくれる
細やかな華やかさがあります。小さな花たちですが、みな個性的で美しいですね。

IMG_7366

綿毛で遊ぶ子猫が可愛らしいハガキもあります。小さな絵本の1ページを見ているかのよう。
水彩だからこその柔らかい表現が良いですね。

IMG_7370

上段左端から時計回りに、イングリッシュローズ・チューリップ・マーガレット・藤・苗代いちご・春草。

こちらはもう少し目立った花木。春から初夏の花たちです。
花束のような華やかさで、ギフトに一筆添えるカード代わりにも素敵です。
咲き誇る喜びにのせて、大切なあの人へ、おめでとうやありがとうのメッセージ。
きっと心から伝わります。

IMG_7379

水彩の微妙な色遣いが、モチーフそれぞれの個性を上手く描いています。
花弁の柔らかさがこちらにも伝わってくるようです。

 

IMG_7382

季節の封筒・便箋  桜

絵ハガキ以外にも、春の便箋・封筒・一筆箋もご用意しております。
桜の花弁が舞い散る美しい情景な便箋で、普段会えないあの人や、ご両親への手紙を綴れば
その手紙はきっと受け取った方の宝物となることでしょう。

便箋は縦書き・横書きどちらにも対応した罫線下敷き付ですので、夢中で書いていても安心です。
封筒は、便箋を3つ折りして頂きますと、ぴったりと納まります。

IMG_7389

肌吉紙:左から  さくらさくら  春の花  春野一筆箋

こちらは、よりペンや毛筆に適した肌吉紙シリーズです。
それぞれ4種類の絵柄が各5枚入っています。

さくら~は、山桜・そめいよしの・郷の春・しだれ桜。
春の花は、れんぎょう・三角草・ほとけのざ・すみれ。
春野~は、たんぽぽ、おおいぬのふぐり、れんげそう、ちごゆり。

それぞれ、時にはさりげなく、時には大胆に、文章を彩ってくれることでしょう。
みな罫線の下敷き付なので綺麗に書けて安心ですね。


春は、なんだかソワソワする季節。
外へ出てお散歩も素敵ですが、美しい光にポカポカあたりながら、久しぶりに手紙を認める。
そんなのんびりとした時間の過ごし方もおススメですよ。
自分と向かい合い、送る相手と向かい合う、素晴らしい時を味わいませんか?

ここちではそんな時間のお手伝いを致します。
ステキな絵ハガキや便箋が待っていますよ。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

いろどりガーゼてぬぐい新柄、入荷です。

今日は朝から素晴らしいお天気ですね!気温もかなり暖かくなるとか。
桜も一気に咲きそうな予感です。4000本の桜が一気に…花弁が開く音が聞こえてきそうですよ。

そんな心地よい日は、お散歩&ウォーキング日和です。
ただ、日差しが気になったり、やっぱり風が吹くと肌寒さを覚えたり。
そこで便利なのがガーゼてぬぐいです!
畳んでコンパクトなのでカバンに入れておいてもかさばらず
手拭いより長いので首に巻きやすく、ふんわり柔らか、洗いやすい乾きやすい
しかもデザインも日頃の服装に合わせやすいうえに華がある。
あら、なんて凄いスカーフなんでしょう。

今年も4種類入荷です。どうぞご覧ください。

IMG_7451

かまわぬ:左から  杉綾  ダリア紫  葉  みずわ玉青

昨年のデザインから引き続いているのはここちで入荷はダリアだけです。
(ご参考までに→「春夏におすすめスカーフ&ストール:2016/03/24」)
それ以外は全て新柄を入れました。
相変わらずダリアは、紫というより青味の赤ですね。
今回は草花シリーズからより進化して、抽象的に日頃の服装により合わせやすい柄になっています。

IMG_7460

たたまれた状態で見てみると、かなり色が濃く感じられるのですが
実際広げて首に巻いてみると、重なりも薄まり身につけ易い色になってくれます。
サイズは33cm×117cm。長尺手拭いよりもう少し長めです。
ターバンの代わりに頭に巻いて後ろで結んでも可愛いですね。
薄い生地なので、ねじりを加えたり、一結びしてアレンジを加えることもできちゃいます。

IMG_7461

首に巻く際に髪ゴムやブローチなど、アクセサリーを使っても可愛いですね。
上画像ではダリア紫にタティングレースの淡水パールブレスレッドを使用しています。

今回は柄が見やすいように、皆前に垂らした状態で写真を撮りましたが
首元にぐるぐると巻いても可愛らしいですよ。
ガーゼなので肌触りも良く蒸れないので、ウォーキングの汗拭きにも向いています。
タオルじゃ“いかにも感”がありますが、こんなお洒落な汗拭きならとっても気分が上がりますね。

柔らかなガーゼの性質上、洗って干す際はしっかり皺を伸ばして頂くか、アイロンがけをして頂きますと
巻いた時のアレンジがしやすく、ふんわり感も増します。
が、皺感を活かして、首にぐるぐる巻き易くしておくのも手ですね。
いろいろ楽しめるのがこのスカーフの良い所です。


首に巻いたり、頭に巻いたり、バンダナ代わりにカバンの持ち手に結んでアクセントにしたり…
お洒落の幅を広げてくれる「いろどりガーゼてぬぐい」。
シルクなどの上質なマテリアルではないですが、だからこそ日常使いにぴったり。
なんてことはないお散歩日和のお供にして頂きたい、風をまとうステキな布です。

春の日を浴びて、開花する春の花たちのように、私たちも春の喜びを謳歌しましょう!
お散歩のついでに、お散歩の準備に、アットホームな当店はいかがでしょうか。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

かまわぬ定番柄の新作入荷です。

4月に入り、一気に気分も春モードです。
新潟県上越市の桜の名所高田公園でも、観桜会が始まりました。
花はまだまだなのですが、早くも賑わいを見せています。皆さん桜を待ちきれません。
開花は今週半ばか末ぐらいですかね。楽しみです。

そんな4月は新しいものづくしな時期。
というわけで、かまわぬ定番柄の新柄が入荷いたしました。
可愛いものを厳選してみましたよ。どうぞご覧ください。
(ふんわりガーゼてぬぐいは、次回ご紹介いたします。
ストール好きの皆様もう少々お待ちください。)

IMG_7408

かまわぬ:左から  菊重紋  めがね  蝙蝠小

それぞれ雰囲気の違った楽しい新柄3種類です。
菊を重ね青海波のように末広がりにみせている、なんともおめでたい「菊重紋」。
振袖などの着物の柄でしばしば見られます。
赤や朱というより、青味のピンク系なお色なので、可愛らしさ増ですね。
和柄ではありますが、なんだかヨーロピアンな雰囲気もあり、普段から使いやすい手拭いです。

「めがね」はなんとも脱力系。ほぼ丸眼鏡のみなのも笑顔を誘うポイントです。
ぐるぐる眼鏡はベンゾーさん(キテレツ大百科より)由来でしょうか。
メンズライクなカラーリングで、男女問わず楽しめそうです。
メガネ男子が眼鏡をこれで拭いていたら、キュン…とくるかは分かりませんが、
フフッと思わず笑みがこぼれてしまいそう。眼鏡好きにはたまらない、味な一枚です。

黒地に飛び交う「蝙蝠小」の柄。なんとも粋な手拭いですね。
細かめの飛び柄なので、シンプルに日常で使いやすいと思います。
こんな柄のがま口があったら素敵ですね。レッツクラフトワークをしたくなります。
これからの季節、父の日にもおススメですよ。
ハンカチより大判ですので汗を拭きやすいのが手拭いの魅力です。

IMG_7414

切り継ぎ小紋 / 青

畳んだ状態でも、あらステキ。広げると、やっぱりステキな「切り継ぎ小紋 / 青」。
以前、大風呂敷でありましたね。その時は、赤とベージュの組合せでした。
(手拭いで色違いバージョンが出ていたりもしますが)
切り継ぎ小紋は、着物の柄(特に着尺柄)でよくありますね。
違う細かいパターンを組み合わせると、こんなに可愛くなるものなのかとビックリです。
手拭いをタペストリーにされている方にもおススメですよ。
季節のつなぎに、こういった抽象的なものは重宝します。もちろん年中飾っていてもOK!
小物作りにも良いですね。パッチワークをせずともパッチワーク風に!うーん便利。

 

IMG_7421

子てぬぐい:上から  しましま  宇宙  森

こちらは子てぬぐいの新柄3種になります。
子てぬぐいは、小巾の晒を使って染めた、通常の3分の2サイズの小さな手拭いです。
お子様にはもちろん、ハンカチ代わりや、キーボードの埃よけなどにぴったりなサイズですよ。

チビちゃん向けの柄にはなっておりますが、大人が持っても十分お洒落なミニ手拭いです。
何とも爽やかで北欧風な「しましま」。
今男の子の彼にも、昔男の子だったあなたにも使ってほしいワクワクするような「宇宙」。
シンプルな森に黄色の蝶々が舞い踊る、イノセントな「森」。
全てに可愛らしさが詰まっています。

IMG_7425

ちなみに、サイズ比較してみますと、こんな感じ↑です。
広げた状態と、畳んだ状態。大分違いますね。
通常の手拭いだと畳んでも大きすぎて、カバンでかさばるのが気になる方には
断然お勧めしたい、そんな子てぬぐいです。

IMG_7442

子供甚平90cm:左 海の生き物  右 くまちゃん

そして、そんな子てぬぐいを首に巻いて、この甚平さんを着ていたら夏は完璧!
といわけで、夏期限定の子供甚平さんをご紹介いたします。
サイズは90cmのみ(大体1~2歳3歳用)、乾きが早く、洗えば洗うほど柔らかくなっていきます。
ズボンのみの着用もおススメです。Tシャツに合わせると可愛いですよ!
オムツが外れますと、より履きやすく3歳ぐらいまでいけます。(お子様の成長度合いにもよります)

IMG_7443

左 クローバー  右 水玉 / 桃

女の子の甚平さん姿も可愛いですよね。
女の子らしく優しい色柄で、元気なキュートっ子!お祭りの人気者間違いなしですよ。
お孫さんへの贈り物にも、いかがですか?


てぬぐいは今の季節、お花見やお散歩時、
ベンチに座るときなどお尻の下に敷くと冷え防止になりますし
畳んで持てばお皿代わりにもなってくれます。
膝に1枚掛けるだけで大分温かさも違いますし、便利なアイテムとして重宝してくれます。
また、これからどんどん暖かくなっていく季節にも、汗ふきや日よけ、ストール代わりと万能です。

お出かけにはカバンに手拭いを。できればお気に入りの気分が上がる柄を!
そんな柄を多数取り揃えて、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

春にやわらかwafuに千代布

雨降りの後は気持ちよく晴れて、今日は優しい日差しの春の日です。

そんな優しさに合わせて、優しいハンカチのご紹介。
柔らかな薄さは、まさに春の木漏れ日の様です。

IMG_7308

かまわぬによるwafu(わふ)シリーズより、春らしいパステルカラーが入荷しました。
左上より時計回りに、「ほし/黄金」「ほし/薄桃」「なみ/空色」「まど/若草」になります。

綿100%、約48×48cmの大判ガーゼハンカチです。
ガーゼ素材ではありますが、お弁当包みや、ちょっとした小風呂敷代わりにもなり、
柔らかなだけじゃない万能ハンカチですよ。
柔らかいので結びやすく、背の高いお弁当やお弁当の上に蜜柑を置いて~なんて時も
ごわつかず包むことが出来ます。

もちろん、ハンカチとしても優秀ですよ。
薄手でかさばらないので、どんなカバンでもOK。ポケットにいれてもモコモコになりにくいです。

IMG_7307

こちらは濃い色の4色。
左上より時計回りに、「だんご/紅色」「ききょう/紺」「いと/朱赤」「しぶき/紫」です。
濃い色も素敵ですよ。
しぶきとききょうは、期間限定のwafuなので白間は真っ白です。
それ以外の通常版は、みな生成りの白間となっています。

IMG_7313

柔らかな風合いが可愛らしく心地よいwafu。
お値段的にも優しいので、ちょっとしたプチギフトやご挨拶の品にぴったりです。

 

IMG_7320

同じく柔らかで心地よい、こちらは日本市の千代布シリーズです。
約25×25cmの小さ目サイズのハンカチで、その可愛らしさが人気ですよ。

今の気分な桜の柄は、
左上から時計回りに「舞桜/薄墨」「桜小紋/桃」「桜小紋/生成」「舞桜/桃」になります。
色柄豊富なのが千代布の良い所。同じ柄でも、色違いで印象が違うのが楽しいですね。

IMG_7323

ほのぼのこけし女子“こけ女”さんにおススメしたい、なんともこけしな千代布もございます。
上段より時計回りに、「こけしづくし」「こけし/紅」「こけし/桃」です。
少しレトロな色合いが可愛いこけし千代布、桃色は少し蛍光チックでしょうか。

IMG_7327

上画像、光の加減で色が少し薄めに写ってしまいましたが(参考になりづらく、すみません…)
こけしの表情がとても幸せそうで、こちらもホッコリしてしまいますね。
この可愛らしさに、こけ女ならずともニコニコ笑顔になってしまいます。
小さ目ハンカチだからこそ、プチな感覚で選べる楽しいハンカチです。

IMG_7333

こちらは…まねきネコ女(?)とでも申しましょうか。
というか、無理にカテゴライズしなくてもみんな大好き、招き猫柄です。
左から、「招き猫づくし」「招き猫/朱」です。
同じ柄に見えて、地味ーに招き猫の種類が違います。

IMG_7337

招き猫づくしの方が少しデフォルメされている感じでしょうか。
レトロですがTHE和風でもなく、なんだかゆるい雰囲気に和ませられます。

ネコ好きなあの人へ、お店をされている方への縁起の良いプレゼントとしても。
招き猫が招いてくれるものは、ご縁でしょうか。優しいひと時でしょうか。


洗えば洗うほど、柔らかく優しくなるハンカチ。
ガーゼのフワフワ感が肌に心地よく、長く使っていきたい1枚になってくれると思います。
お気に入りが1枚増えると、日常も少し楽しくなりますね。

このほかにも、色々なハンカチをご用意しております。
ハンカチを探す春の日なんてものも、素敵ではないでしょうか。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

オリジナル熨斗紙・メッセージカード承ります

なんて心地よい天気。風は冷たいですが、気分はのんびりですね。
そんな春らしい日に、春らしく鮮やかなご挨拶熨斗紙のご紹介です。
当店オリジナルで、ご希望に合わせてお作りできます。
以前(去年あたり)もご紹介しましたね。
何せ、時期的なものですから!改めまして、いかがでしょうか。

IMG_7286

新しい生活に向けて、ありがとうございましたな人・よろしくお願いしますな人へ。
気負わず受取れる、手拭い・布巾・ハンカチなどにおススメです。
上画像では手拭いに直接巻いていますが、ラッピングの上から巻いてもいいですね。
サイズも、お包みする物に合わせてご用意できますよ。
上記のお品物以外にもご使用いただけます。

IMG_7296

ただ渡すだけでは物足りない、なんだか味気ない、伝わるかしら?な時に
ご挨拶熨斗紙が大活躍です。
メールやコメント欄に添える顔文字をイメージして頂けますと、分かり易いかと。
ちなみに熨斗紙は無料でご用意いたします。
数が多い場合はお時間頂く事がございますので、ご了承ください。

IMG_7292

ご挨拶以外にも、退職されたり転勤の時などにお名前を入れて配られる場合も承ります。
お名前とお好きなお花をお伝えください。その場でお作り致します。
上画像は今までご利用くださいましたお客様の一例です。
フォントもご希望、雰囲気に合わせてお選びいただけ、まさにオリジナル熨斗紙。
他にも出産の内祝でお子様のお名前を入れて~など、色々ご活用いただけますよ。

IMG_7300

また「熨斗紙ほど行儀よくしなくて良いけれど、何か一言添えたい」
という場合に、メッセージカードもご用意しております。名刺大の固めの紙です。
こちらもサービスでお付けいたしますので、ご入用の場合はスタッフまでお声掛けください。
その場でご記入いただき、箱に入れ一緒にラッピングもできます。

母の日・父の日・敬老の日・お誕生日にクリスマス…
特別な日のギフトにもいかがでしょうか?


IMG_7298

畏まった贈り物ではないけれど、カジュアルな中に日本らしい心遣いで気持ちを伝える
素敵な魔法の紙…といったら大袈裟ですが、熨斗紙って素晴らしい文化だと思います。
(当店オリジナル熨斗紙、考えてみたら熨斗無し熨斗紙ですね。あら!)

大きなものから小さなものまで、熨斗紙お付けいたしますよ。
オリジナルも、従来のキチンとしたものも大丈夫です。
お気軽にご相談ください。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

あけびかご入荷しました&そして早い者勝ち

明日タイヤ替えよう!と意気込んでいたら、上越地方、降りましたね…雪。
でもきっと名残雪というやつなのでしょう。
季節は春。寒くても春です。誰が何と言おうと春なんです!
関東では桜が咲いたと聞きました。上越の春も、もうすぐでしょうか。

そんな春からの季節にピッタリの、あけびかごが入荷しました。
地元作家さんの確かな技術による、しっかりとしたかごですよ。

IMG_7231

ただ、皆様ここちのあけびかごを楽しみにしておられる様で、
探しに来られる方が最近徐々に増えつつあります。春ですものねぇ。

このかご、実は当店オンラインショップにアップしようと先に写真だけ撮っておいたのですが
その日のうちに早速1つ売れてしまいました。お客様グッドタイミングというやつです。
せっかくなので、その売れたかごをこの場を借りてご紹介です。
オーダーも承っておりますので、こちらのかごがお気に召しましたら是非ご相談ください。
メールでの対応も可能ですよ。
残りのかご2つは、近日中にオンラインショップにアップいたしますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。

IMG_7226

飛ばし編みという技法で編まれた、標準的なサイズのあけびかごです。
綾織のような表情がリズミカルで、楽しいかごですね。

IMG_7227

こちらは編み芯を半分に割いたものを使用しており、その分軽く持ちやすくなっています。
1本1本キレイに割かれておりますので、ささくれ的なものはありません。
作家さんの丁寧な仕事が良くわかります。

IMG_7228

持ち手は可動式になっておりますので
ものを出し入れする際大きく開くことが出来、楽ちんです。

IMG_7229

底も、もちろんしっかりと編みこまれております。
池田さんの作るあけびかごは、つるのサイズもほぼ均等で隅々まで美しいのが特徴です。
置いた時にガタガタいうことはまずありません。

IMG_7230

試しにオーナーに持ってもらいました。
かわいい!売れちゃいましたけど。
そのままポイポイ荷物を入れられるのが、かごの魅力ですよね。
中に大き目の巾着を入れてそれをチラ見させる~なんてのもステキです。
レースを上にかけたりもロマンティック!
冬場もフェイクファーなどで持ち手をモコモコさせれば、年中いけちゃいます。
もちろん、和装にもぴったりです。


上にも書きました通り、こちらの商品はもう当店にはございませんが、オーダー可能なものです。
もう少し大きめに~や、角をもう少し出してほしい~、持ち手は固定式で~、など
細かい部分のご要望にもお答えできます。
制作期間は、だいたいオーダー頂いてから1か月ほど。
事前にオーナーを介して作家さんと打ち合わせてからになりますので、
実際は1か月プラス数日頂くかたちになります。

お店で出会いを楽しむのもいいですし、自分のイメージ通りを注文するのもいいですね。
日常にあけびのある、ナチュラルな暮らしのお手伝いをおたします。
今回作家さんからお預かりしましたかご、残り2つは店頭でもご覧いただけますよ。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

色違いのてぬぐい、廃番のてぬぐい

大雨の後は、春!
3連休初日の今日はイベント開催のところも多いので、お天気に恵まれて最高ですね。
ここちもポカポカ。苺のプランターを日向ぼっこさせています。
明日も晴れます様に!

そんな春つながりで…
中川政七商店の日本市から、桜の手拭いが入荷しました。

IMG_7130

珍しいですよ~。型が同じの色違いです。
意外と色違いの手拭いを同時に出すということは、あまり見ないです。
(片っぽが限定色でーとかはあったりしますが)
ので、いれてみました。

淡いぼかしが美しい、枝垂れ桜の手拭いですが、ピンク地ははんなり優しい雰囲気。
春の霞が似合う、幻想的な色使いです。
対してクリーム地は同じ多色でも、色幅が広く元気な印象です。
春の楽しさ満開ですね。春の花壇の様。同じ桜でも、色でこんなに印象が変わります。

場の雰囲気に合わせて飾り分けても楽しいですし、
その日の気分で使い分けても良いですね。

IMG_7110

こちらは、かまわぬ。
あれれ、かまわぬも色違い?実は、右が昨年までの色。左が今年の新色。つまり色替えです。
水色地はもう廃番なので在庫限りとなります。当店ラスト1枚。レアですよー。
ちょうちょは人気の春柄で、以前も緑色地に黄色の蝶々などの色でありましたね。

このように、素敵な柄でも柄入れ替えで廃番に…というものがシーズンごとに出てきます。
でも、それもかまわぬの良い所。どんどん新しい色柄にチャレンジしてくれているんですね。
ですので気になった時が買い時です。来年もあるとは限りませんよ~。

IMG_7117

ちなみに、もうシーズン過ぎちゃいましたけど、春の廃番で当店在庫有りなのが柄がこちら。
はまぐりは在庫2、お雛様は1づつです。
貝好きの方に。苗字に“貝”が付く方に。春以外でも楽しめそうな柄ですよ。

IMG_7121

定番柄と夏柄で今回廃番柄で当店在庫有りはこちら。
糸引き格子深緑は在庫1、パイナップル緑と線香花火ちらしはまだ何枚か在庫ございます。
「パイナップルが熟れるのは~海の向こうの暑い国~♪」
パイナップル緑を見る度に、小学校で習ったこの歌を思い出します。食べたくなるなぁ。


実は入れ替わりが早い、手拭いの種類。
コレクターの方はもちろん、なんとなく売り場の手拭い棚を眺めるだけでも
その都度新しい発見があったりして楽しかったりしますよ。
色替えの時は、手持ちの物と色違いで楽しめたりもしちゃいますね。

あぁ、そういえば、ここちオリジナル手拭いも色違いでした。
実は今は無き取扱い商品が載ってたりして、これはこれで面白いんです。
皆さんはどれがどれだか分かりますか?
tenugui

今日も新しい発見をお届けします。
3連休中は休まず営業しておりますよ。
皆様のお越しをお待ち申し上げます

 

mino2017春入荷しました

春の日は、お天気も気温もコロコロ変わります。
今日もまさにそんな日。
日差しが心地よいけれど、風があって肌寒いし、夕方には何だか怪しい雲行きです。

スプリングコートより軽やかに、でもしっかり日除け&暖かに。
そんなワガママを叶えてくれるminoのtateポンチョが入荷致しました。
これで乙女心並みに移りゆく天気&気温対策ばっちりですよ!

IMG_7132

本日入荷ということで、嬉しくてぱしゃり。
棚田がまぶしい夏minoの案内も同封されていました。
気になる方はスタッフまでお声掛けください。ご自由にご覧いただけます。

IMG_7133

なんて爽やかに鮮やか!今回はtate4色をいれてみました。
春の霞なグレー、心躍る空色ブルー、芽吹きの柔らかなグリーン、優しい桜色ピンク
まさに春色です。
収納&持ち歩きようの紐は白で統一されています。
ここも爽やかポイント押さえてきます。あぁもう可愛い。

IMG_7137

春minoのtateポンチョは、リネン56%・ウール44%の混合糸で編まれています。

春先は日々寒暖差があり、体温調整のむずかしい季節です。
minoでは清涼感のある麻と、ぬくもりのあるウールを交互に編むことで、
冬から春にかけてお使いいただけるように工夫しました。

mino公式サイトより
http://mino-knit.com/products/list.php?category_id=31#products_59

と、いうわけで、オールマイティーな羽織物ということですね。
ちなみに実際のさわり心地はとても柔らかく、ガーゼのよう。チクチク感は全くありません。
また、羽織ったときドレープが美しくでますので、とっても素敵です。

IMG_7146

冬みのと比べて小ぶりなので、前に垂らしても長い!ということはありません。
ピンクは少しボリューミーに前で結んでみました。
柔らかいので結びやすいです。

グリーンは全年齢にお勧めしたい、黄み交じりの優しいお色です。
その名もセージ。「青磁」かな?ハーブの方かな?
オーナーは青磁を、私はハーブを思い浮かべました。

ピンクはまさに観桜会のお供にしたい、春らしいお色ですね。
肌映りよく、優しい気分にさせてくれます。

IMG_7140

縦にスリットが入っているだけで、着こなし方がぐっと広がるのがminoの良いところ。
カーディガンの袖風に細く結んで羽織ってもいいし
ストールのように肩にサッとかけるのも素敵ですね。
その日のスタイル&気分で、1枚でもいろんな表情が楽しめます。

ライトグレーはベーシックに万能カラーとなっています。
春の服装の引き締め役にいかがでしょうか。
ブルーはまぶしいぐらいの吸い込まれるような鮮やかな5月の空。
minoの色名はサックスとなっておりますが、もっと鮮やかですね。
正直、お店で現物をご覧いただくのが一番かと思います。
むしろ、見ていただきたい!それぐらい美しい色です。

IMG_7154

編地はハイゲージで柔らかく。何度も言いますがガーゼのようです。気持ち良い!
小ぶりですので、後姿も長すぎず、お尻が隠れてちょうどいいぐらいです。
冬mino、長さでtate諦めました…な可愛らしい体系の方にぜひ羽織っていただきたい、
ちょうどよい長さになっております。


いかがでしょうか。春らしく軽やかな雰囲気が伝わりましたでしょうか。
上越は地域柄、車での移動が多いので、晴れている日は十分今から使えるなぁと
写真を撮りつつしみじみ感じました。可愛いなぁ。
もちろん、室内でのリラックスタイムにもピッタリ。
肩から羽織っても、畳んでひざ掛けとしても楽しめますよ。

優しく鮮やかな春色で、気分を盛り上げてくれるminoの春ポンチョ。
店内でご試着いただけます。入荷少数なのでお早めにどうぞ!
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

おめでたい!祝儀袋と金封入れ

2月も残すところあと2日。いよいよ春な雰囲気です。
春は門出が多く、お祝いシーズンでもありますね。
卒業・入園&入学・就職・引っ越し・結婚・開業etc…
花開く季節にぴったりです。

そんな時の為に、用意しておきたいのが祝儀袋。
お祝いの気持ちを伝える大事な小物です。
ここち すたいる では、その後もずっと使える手拭いの祝儀袋をご用意しております。
端は縫ってありますので、そのままハンカチとしてお使いいただけますよ。

新柄廃番含めて、実はここち史上今が一番祝儀袋の種類が多いと思います。
選ぶ楽しみがいつもよりたくさん!
そんな祝儀袋を結びきり・あわじ結び・花結び、金封入れもご紹介いたします。
今後の為にも買い置きなんていかがでしょうか?

IMG_6941

かまわぬ:祝儀袋、左から 鉄線  亀甲鶴  おしどり

一度結ぶとほどけない結びきり。婚礼やお見舞い、快気祝などにご使用いただけます。
(お見舞いや快気祝の場合は熨斗を取ってください)

「亀甲鶴」「おしどり」はいわずもがなな縁起の良い柄ですね。
めでたい朱色の亀甲鶴は受付で目立つこと間違いなしです。
桑の実色のような大人カラーなおしどりも、末永く添い遂げられそうな落ち着きが感じられます。
「鉄線」も夏柄ですが、縁起が良い柄ですね。一度絡まると強い力で離れません。
初夏から夏にかけてのご婚礼にぴったりです。色も爽やかで普段使いもしやすいですよ。

IMG_6947

あられ  富士づくし  小梅

こちらはモダンな色柄を集めてみました。
いかにもな和柄!ではないので、洋風な式場にも似合います。

青味のピンクが可愛い「あられ」。可愛いお嫁さんにぴったりのお祝いですね。
「富士づくし」は男性も照れなく受付で出せそうです。めでたい三角がたっぷりです。
隙間なくぎっしりな「小梅」も、キュートなカラーで日常でも楽しみやすいです。

IMG_6943

ばら唐草  ばら  ばら七宝

みんな大好き花の王様、薔薇柄です。
まるで不思議の国のアリスに出てきそうな可愛らしい「ばら唐草」。
スモーキーなピンクが可愛いだけじゃない大人女子っぷりを上げています。
世代を問わず手拭いでも大人気の「ばら」も、もちろん祝儀袋でありますよ!
カッコいい系の方にぜひ送りたい、クールな祝儀袋です。
縁起柄の七宝をバラの花に見立てた「ばら七宝」もおすすめです。
微妙に青味の赤なので、日常でも使いやすいと思います。何より、可愛い!

IMG_6964

大菊

ちなみに、中身はこんな感じですよ。
お金を入れた封筒を織り皺に沿って手拭いで包み直して頂ければばっちりです。
結びきりとあわじ結びには、“寿”以外に“御祝”の札もついていますので、
用途によって使い分けて頂くことが出来ます。
花結びは“御祝”と白札のみが付属します。

端を引けば引くほど強く結ばれるあわじ結びは、祝儀袋ではよく見る結び方ですよね。
粋な「大菊」も、こうしてみると何だかモダン。かっこよく受付で出しちゃってください。

IMG_6951

白梅小紋  扇小紋  柑橘がさね

こちらは花結び。出産祝いや入学祝など、何度あってもおめでたいことにどうぞ。

デフォルメした梅がなんだか北欧チックにも見えてくる「白梅小紋」。
和洋がいい雰囲気でミックスされ、大人かわいいエッセンス大です。
末広がりで縁起の良い「扇小紋」はモチーフが小さ目なので、さりげない和柄づかいで
かしこまらず、肩ひじ張らずに渡せそうですよ。
「柑橘がさね」は更にモダン度アップの面白柄ですね。
縁起の良い青海波を柑橘系の輪切りに見立て、爽やかな末広がりの完成です。
男女問わずお楽しみいただけそうです。

IMG_6960

うさぎちらし  福猫づくし

動物柄で可愛く渡しちゃうのも喜ばれそうです。
濃いピンクにうさぎが跳ねまわるとってもカワイイ「うさぎちらし」は
女の子さんのご出産やご入学のお祝いにぜひ渡して頂きたい柄です。
お隣は、上から見ても下から見ても猫ネコな「福猫づくし」。
まんまるお目めの表情に、思わず顔がほころんでしまいますね。
上は大入り下は魔よけの鈴で、まさに福を呼び込むスーパー猫です。

 

IMG_6977

祝儀袋だけではなく、金封入れも充実していますよ!
こちらは地元の作家さんによる、着物地を利用した金封入れです。
豪華なTHEお祝いの帯地から、落ち着いたお色をこった織り地で楽しむ大人なものまで
場に似合う、恥ずかしくないしっかりとした金封入れです。
一つは持っておきたい大人の礼儀アイテムですよね。この機会にいかがでしょうか。
今後必要なものとして、ご成人への贈り物にもおすすめです。

IMG_6968

粋更:金封入れ  中川政七商店:はさみ袱紗

麻の表情が美しいシンプルなものもご用意しております。
粋更の金封入れは、朱色の生地に絹の羽二重を使用し品格アップです。

ちなみに紫のものは、慶事・弔事どちらもご使用いただけ便利ですよ。

IMG_6969

祝儀袋を入れるときはこんな感じで。
はさみ袱紗はファイルのように口を大きく開いて入れられますので
サッと出し入れしやすく、受付でもたつくなんてことはありません。
また、口がマグネットで固定されますので、中身が落ちる心配もありません。
かさばらないので、カバンもスッキリ。これ、ものすごくおすすめです!


お祝い事は何度あっても嬉しいもの。
贈る相手の顔を思い浮かべて選ぶ時間は、とっておきです。
一時の物だからこそ、その後も使ってもらえて気持ちも残るものを渡せたら素敵ですよね。
手拭い祝儀袋で、残る思い出を相手と共有したいものです。

畳のお部屋で、のんびりじっくりお選びいただけますよ。
お選びの際、疑問点などございましたら、スタッフまでご相談ください。
お祝いのお手伝いをさせて頂ければと思います。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。