はいから堂

あけびベルリースのワークショップ

はい、前回の記事にてお伝えいたしました「年の瀬はいから堂」。
今回はその中でおこなわれますワークショップ「蔓で編むクリスマスベルのリース」のご紹介です。

皆様からお問い合わせの多い、ここちのワークショップ。
今年は、その中でも特に人気の「あけび蔓細工作り」を楽しみましょう。
こんな素敵なリースを作っちゃいますよ。


「蔓で編むクリスマスベルのリース」

~ あけびのベルを手編みしましょう。
 オリジナルのリース台に、木の実と飾りをつけて、出来上がり。

11/25・26、両日とも

10:00~12:00…定員2名 午前は定員に達しました。ありがとうございました。
13:00~15:00…定員3名 若干空きあり

参加費 3,000円 当日汚れが気になる方はエプロン持参

※要予約 予約・お問い合わせは  ここちすたいるまでお電話メールで。
11/11(土)~15(水)は出張のため、閉店いたします。
その間、ご予約・お問合せもお受けできません。
申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


良くあるあけび蔓をグルグル巻いてリースの形にするものとは違い、
なんとこのクリスマスベルの部分を手編みします。難しそう?いえいえ大丈夫。
作家さんに丁寧に教えていただきましょう!そのため、今回は少人数制になりました。

飾りに使う木の実たちは、作家さんがあけびの蔓採取の時に、一緒に山で拾ってきたもの。
これらをグルーガンで、一つ一つ台に留めていきます。
どの実がなんという木の種類か、尋ねながら作るのも楽しそうですね。

リボンは、太目のリバーシブルをご用意しました。
落ち着いたクリスマスカラーが可愛らしいです。
もちろん、お好みに合わせてリボンをご持参いただいてもかまいません。
お部屋の雰囲気に合わせて、ベルベットやチロリアン、レースなどお好きなリボンでもOKです!

サイズ的にはこんな感じ。大きすぎず、小さすぎず。
ベルを取り付ける際に使う麻ひもをそのまま、飾る際のフープにしますよ。
軽めなので壁に画鋲でとめることもできますし、そのまま壁に立てかけてもオシャレ。

このベルの部分を編んでいくわけです。
一見難しそうですが、型にそって天辺から編みますので、初心者の方でも大丈夫!
蔓は水に浸して柔らかくしたものを使いますので、意外とするすると編めちゃいます。

裏はこのようになっています。
今回、作家さんにお願いしてオリジナルで作っていただいたリース台を使います。
美しく規則的に編まれた台は、それだけでもううっとりな雰囲気。
台の表情を見せつつ木の実を留めていくのがポイントですよ。

しっかり編まれておりますので、基本的に壁にかけてもガタガタしません。
台にも手を抜かない作家さんのこだわりと技術のなせる業です。
木の実を留める位置は、体験者さんのお好みのままに。
ただ、欲張らないことがポイントですよ。吊った時にバランスがとれるようにしましょう。

当店の玄関ドアに飾ってみました。うーん可愛い!
甘すぎず、クリスマスの雰囲気で、ごちゃごちゃでもなければシンプル過ぎもしない。
まさに大人可愛いリースです。
リース台に手拭いきれを巻いたり、レースを留めても可愛げですね。

あけび蔓細工、触れることはあっても、自分自身で作ってみることはなかなかないと思います。
山の実りと向き合い語り合いながら作り上げる、特別なリース。
この機会に、体験してみてはいかがでしょうか?あけびの魅力を再発見しましょう!


この他にも、魅力的なものがたっぷりな「年の瀬はいから堂」。
今年は直江津イトーヨーカドー内、ショッピングセンターエルマール1階にて開催です。

ワークショップも、例年より広めでゆったりと楽しんでいただけますよ。
楽しく作ってのんびりお買いもの!いかがですか?

 

ご予約・お問い合わせは、ここち すたいる  へ、お電話もしくはメールでよろしくお願いいたします。

11/11(土)~15(水)は出張のため、閉店いたします。
その間、ご予約・お問合せもお受けできません。
申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

上記にもありましたが、両日午前中はおかげさまで定員に達しました。
が、午後はまだ空きがございます。
お友達とあけびレッスンいかがですか?
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

やります!年の瀬はいから堂

秋景色もだいぶ進み、色づいた桜の落葉が美しい絨毯を作り出している、そんな上越市です。
雪前の小春日和を楽しみつつも…、そんな季節はあっという間!
もうすぐ年の瀬!
今年も「年の瀬はいから堂」やりますよー!

なんと今年は直江津のイトーヨーカドーにありますショッピングセンター、エルマールさんの
1階イベント広場で行います。正確には、メインイベント広場横の広いスペースですね。
ケーキ屋さんのお向かいですよ。
というわけで、今年は駐車場問題で困ることがなくなりました!(たぶん)

詳しい場所はコチラから↓↓↓市外からお越しの方にも分かりやすいランドマークでよかったです。

今回はワークショップも実施しますよ。
あけび蔓で作るクリスマスベルのリースです。

大人可愛い雰囲気でおススメです。詳しくは ■こちらのブログ記事■ をご覧ください!


もちろん「はいから堂」ですので、イラスト屋ひぐちさんも一緒に出店ですよー。
毎年大人気のカレンダー(写真は今年のものです)に、新作「あの店この店カレンダー」が登場!
ノスタルジックな雰囲気は、地元の民のみならず見る人すべての心の故郷に響くはずです。
同郷の方へのお土産にもいいですね!遠く離れても上越市は常にあなたの側に。

もちろん!ニャンコ・ワンコにおかっぱちゃん、高田に直江津、懐かしの風景・見慣れた町並み。
おなじみのカレンダーやポストカードが目白押しです。
クリスマスカードや年の瀬のご挨拶、年賀状にもおススメですよ。
(個人的にただ今建て替え中の上越市水族博物館、在りし日の姿を描いた
ポストカードシリーズがおすすめです。大水槽とピラルク先輩に目頭が熱くなります。)


当店も張り切って! 「冬のあったか集めました」

朝晩の温度差がかなり開く、そんなこの頃です。
ここちでも、あたたかい靴下やストール、ブランケットをお求めに来店される方が増えています。
なかなかお知らせが追いつかなくてすみません。実はなにげに新入荷たくさんしているんです。
手触り最高アンゴラ混の靴下や、発色が素晴らしいポンチョ&スヌード&ストール。
ベングド&ロッタの麗しい靴下に、ベーシックで上質なニット・カーディガン、
そして、そろそろ恋しいブランケット… みーんな、はいから堂に持っていきますよ!!!

冷え性さんも、肌触り重視さんも、早めにクリスマスプレゼントをお求めの方も!
見て触れて楽しくぬくぬく!なここちのあったかアイテムはいかがですか?

特に今年はブランケット、可愛い系が多めに入ってきています。
シロクマにヘラジカ、森の動物たち、ムーミンは何だか急いで猛ダッシュ。
大人も子供もにっこり。お洒落とあたたかさの両立を、さぁどうぞ!

 

この時期だからこそ 「手早くキレイ!家事応援グッズ特集」

見た目がステキなのはもちろん、自分たちが使ってよい物をお勧めしている、ここちすたいる。
便利なものはもっとどんどん使う人が増えればいいのに!!!との気持ちから
年末の大掃除を控えた(普段からやっているのが一番ですが)この時期にご紹介。
皆さんのお悩みに応えるべく、スッキリのお手伝いをいたします!
ズボラさん(特に私)の強い味方な洗濯用色移り防止シートや、
揚げ物後すぐにササッと拭くだけでその後のベトベト知らずなキッチンクロス、
年始のご挨拶にも使えるプチプラ可愛い蚊帳のふきん、
キッチン男子にプレゼントしたいオシャレなTHEシリーズなどなど、ワクワク便利がたっぷりですよ。

「ここちすたいる、聞いたことはあるんだけど、場所が分からないのよねー」な方、
この機会にいかがですか?知ったその日から嬉しいアイテムを揃えてお待ちしておりますよ。

 

そして年の瀬といえばこれ! 「クリスマス&お正月てぬぐい揃いました」

そろそろ気になる方も多いのではないでしょうか。季節のお飾り・手拭い、いかがですか?
今年もすてきな柄が勢ぞろいです。お正月も多めに入荷しています。
新柄から定番柄まで、幅広くご用意いたしました。ツリーや門松を出すほどじゃないけど
なにか飾りたいのよねーな気分になったら、ぜひ遊びにいらしてください。
お気に入りがきっと見つかると思います。
(ご挨拶熨斗帯もご用意しておりますので、ちょっとした手土産・お使い物にもどうぞ!)

 

この他にも、心躍る年の瀬を過ごすための、楽しいアイテムをたくさんご用意いたします。
今年は便利な場所なので、御夕ご飯のお買い物ついでにでもぜひどうぞ。

クリスマス・お年賀、冬到来の雪景色。
年の終わりの「はいから堂」です。
今年は少し賑やかに、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

ステンドグラスのワークショップ、でした。

毎日暑さにへたってしまいそうですが…。
酷暑の中、8月6・7日と開催いたしました「葉月はいから堂」。
大勢の皆様にお越しいただきました。誠にありがとうございます。
たくさんの笑顔に出会え、ここちスタッフ一同とても幸せなひと時を過ごすことが出来ました。
重ね重ねお礼申し上げます。

さて、初日のステンドグラスワークショップも大盛況でしたよ!
早い時間からお越しいただいた方もいらっしゃいまして
参加者様の期待度の高さを実感いたしました。

写真31

ぎゃらりー奥のスペースでしたが、みなさん和気あいあいと制作されていました。
初体験の方、何度目かのチャレンジの方、ここちオープン当初からの常連さんなどなど
様々な腕前の方が、時に真剣に時に和やかに語らい(その間も常に手は動き続け)
素敵な作品が次々に生まれていきましたよ!

写真33  写真34  写真32

一部ですが、出来上がった作品をご紹介。
斜めラインを前後で合わせたもの、点対象に組み合わせたもの、カラフルな色使い…etc。
ベースは同じなのに、その人その人の個性が出てとても楽しいテラリウムになりました。

テラリウムの名の通り今回お配りした多肉植物の赤ちゃんを育てていただいても良いですし、
ミニミニドライフラワーを飾っても、小物入れ代わりにしてもステキですね。
今回は本当にご参加いただきありがとうございました!

さて、次回は何を作りましょうか。
ご意見ご要望、ここちまでぜひお聞かせください!

 

写真37

ちなみに、はいから堂内でご紹介していました三宅先生作のアクセサリーを
ただ今お預かりしまして、ここち店内でも販売しております。
カラフルですが身に着けてみるとものすごくしっくりくるペンダントは、
長さ調整のビーズまで先生手作りの贅沢な一品です。
フュージングという技法で作られています。色使いがポイントです。

写真36

こちらはチョーカー。簡単に身に着けられ、シャープな雰囲気がなんだか都会派です。
なぜだか(私の主観ですが)紐タイプより肩がこらない気がします。
シンプルイズベストで鮮やかなティアードガラスが艶っぽく魅力的ですね。
カジュアルな服装にプラスして上質感を楽しみましょう。


今回初めて店舗以外でのワークショップとなりました、
ステンドグラスワークショップin葉月はいから堂。
ご自身で作られたガラスのきらめきは、より美しく瞳に映ると思います。
ステンドグラスワークショップは、これからも定期的に開催していきたい…なぁと考えております。
次回開催は未定ですが、また皆様に作る楽しさをお伝えできるように頑張ります。

また、手拭い帽子、壁紙ノートのワークショップは引き続き行えますので
興味のある方は是非店員までお声掛けください!
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

葉月はいから堂 開催中です

今日も暑い暑い完璧な夏の日。
上越でも、各地でイベントが開催されていますね。イベント日和です。

もちろん ここち すたいる も例外なく。
「葉月はいから堂」、今日・明日と開催ですよ!

写真21

会場となっている「ぎゃらりー和のくら」内は、所狭しと雑貨がずらり。
蔵の雰囲気と相まって、とってもムーディーな空間となりました。

写真24

入口はいって右がここち。左がイラスト屋ひぐちさんのブースです。
ひぐちさんの絵はがき・ミニポスター・原画がずらーり。
数々の素敵なイラストに、思わず時間を忘れて見入ってしまいますね。

写真22

こちらは「タティングレース、その繊細で優美な世界」のコーナーです。
ドイリー・付け襟・ピアス・ブレスレット・ネックレス・ラリエット・がま口 などなど…
ロマンチックなアイテムが勢ぞろいです。
今回は特別にyamamegu(ヤマメグ)さんご本人の愛用シャトル&作りかけモチーフをお借りし
タティングレースが作られる様子を展示していますよ。
よりタティングレースの細かさが感じられると思います。

そのほかにも、ステンドグラススタジオ三宅からネックレスとチョーカーも展示販売しています。
ご試着の方も可能ですので(チョーカーは袋から出ているもののみ)
そちらも、どうぞお鏡で合わせてご覧ください

写真23

「夏を楽しむ、あけび蔓細工コレクション」コーナーも充実していますよ!
実は上画像以外にも、同じテーブルに乗せきれなかったものが壁際にもございます。
人気の手提げかご、オシャレに収納多機能かご、和の雰囲気が素晴らしい飾りかごなど
さらにこれらがお求めやすい価格なのが嬉しいですね。目移りしてしまいます。
大きな作品から、小さ目お手頃アイテムまで、あけびの魅力にどっぷり浸かれますよ!

写真25

続きまして、イラスト屋ひぐちさんの原画コーナー。
カレンダーになっていたイラストや、チラシに使われていたあの絵など、
美しい筆使いなどが直接感じられるのは、原画だからこそ。
「紅葉幼稚園」のような、たとえば卒業生の方に贈りたい~“その人にちなんだ絵”があるのも
地域密着の作家ならではですね。

写真26

いまだ興奮が熱く燻り続ける、直江津祇園際のアイテムもあります。
まさに地元愛!お盆帰省のお土産にもおすすめです。
あなたはどの町内?

このほかにも、人気のキャットオンコーヒーや高田雁木・瞽女の絵はがきなど、
美しく懐かしいイラストがたっぷり味わえますよ。


海に山に心躍るこの季節、一足お先に秋の気配も添えて
町屋ショップ「葉月はいから堂」

8月6日(土) 10:00~18:00
8月7日(日) 10:00~17:00  の2日間。

ぎゃらりー和のくら でおこなっています。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

yamameguのタティングレース

写真20

海に山に心躍る季節におおくりする、町屋ショップ「葉月はいから堂」。
そんな夏真っ盛りなイベントですが、繊細で涼しげな透かしのレース小物も並びます。

「タティングレース、その繊細で優美な世界」と題しまして
上越のタティングレース作家yamamegu(ヤマメグ)さんの作品を大特集です。
アクセサリーやがま口、フレームなどロマンティックたっぷりでおおくりします。

最近タティングレースのアイテムを良く見かけるようになりましたが
yamameguさんは20年前からタティングレースを作り続ける大ベテラン。
この美しいレースをより多くの人に知って楽しんでいただきたいと、
ご自身のレース作品を持って ここち すたいる へご来店頂いたのが取扱いのきっかけです。
今回、せっかくなのでブランド名を付けましょうとお誘いし、ご自身のお名前から
yamamegu(ヤマメグ)と命名いたしました。
山は季節を巡らせ数々の恵みを生み出します。木の葉の葉脈は繊細なレースの様。
繊細なレースを生み出す彼女の指も、豊かな山のように数々の恵みで溢れているのです。
これからもこの名前と共に素敵なレースを皆様にご紹介していきますね。

 

yamameguさんは主に80番レース糸を使用して、レース特有の繊細さを表現しています。
ちなみに、レース糸は番数が上がるごとに細くなりまして、
80番ですと木綿用縫い針に通せます。
それぐらい細いです。
平店員もかぎ針網の覚えが少しありまして80番レース糸に何度かチャレンジしておりますが
かぎ針が凶器になりうるトンガリ具合でドキドキします。そして目が疲れます。

そもそもタティングレースとは?どう作るの?かぎ針とどう違うの?
とよく聞かれますが

タティングレース: tatting lace)は、シャトルと呼ばれる舟形の小さな糸巻きに巻いた糸を使って結び目を作っていくレースの技法。

タティングの結び目の技法は古代エジプトにまで遡る事ができるが、実用を目的としたものと考えられ、装飾的なレース技法としての起源は明確には分かっていない。一説には、16世紀イタリアで基礎的な技法ができたとされる。

18、19世紀には、ろうそくの節約にもなると貴族のあいだで大変もてはやされ、教養として習うものとなった。女性らしいエレガントな手芸と考えられていたため18世紀の女性たちは、装飾のあるシャトルを持って、肖像画を描いてもらう事を好んだ。

wikipedia、タティングレースの項目より抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%8
2%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

とあります通り、結び目の連続で糸を形作るとても歴史あるレースの一つです。
貴族の女性たちの間で教養となるほど優雅なレースなんですね。

80番の糸で結び目を作り形にしていく…想像しただけで目がこりそうですが
実際、そこまで細くなると、手元は見ずにただただ結び目を数える作業らしいです。
というか手元を見ずに作れるyamameguさんにプロの技術を感じます。

今回は種類を増やし、レース+αの組み合わせも楽しんでいただけますよ!

IMG_5046

レジンアクセサリー&手作り雑貨の作家Sesame Saltさんと作り上げた、がま口です。
糸でくくるのではなく、専用の接着剤を使い、何度も付けては乾かしを繰り返し
手間暇かけてレースの一番美しい形を引き出しました。
表面に接着剤が出ないように細心の注意を払っていただきましたので
糸の表情も美しく、最高の出来だとしみじみ感じます。
(素敵すぎて平店員大興奮です)

IMG_5059

手のひらサイズのがま口以外にも、大きなクラッチにもなるものや、ポーチなどもあります。
セサミソルトさんの布選びの楽しさに合わせて、レースの魅力がさらに輝いていますね。

IMG_5065

アクセサリーも充実です。
今までのレースオンリーのアクセサリーはもちろん、
レースにコットンパールやレジンなどをプラスしたものもお目見えです。

IMG_5077

アクセサリー用に台紙も作りました。全部で6種類。
流れる筆記体と枠でレースの繊細さを表現しましたよ。
裏に、簡単ですがタティングレースの説明もあります。
プレゼントにもおすすめです!

IMG_5068

定番のピアスはもちろん、ネックレスやイヤリングもございます。
元気カラーのレースなどは、夏の華やかさに更にエッセンスをプラスしてくれますね。

このほかにも、おなじみのブロードのブレスレッドやラリアットでは、
天然パールをプラスした物や、身に着けやすいマグネットタイプの物など色々ご用意します。


がま口・アクセサリー以外にも、フレーム飾りや飾り襟なども、もちろんございます。
これをきっかけにyamameguさんの美しいタティングレースの世界を知って頂けたら幸いです。

海に山に心躍るこの季節、一足お先に秋の気配も添えて
町屋ショップ「葉月はいから堂」

8月6日(土) 10:00~18:00
8月7日(日) 10:00~17:00  の2日間。

ぎゃらりー和のくら で行います。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

はいから堂にあけび細工

海に山に心躍る季節におおくりする、町屋ショップ「葉月はいから堂」。
そんな季節、夏のステキな浴衣姿にピッタリなのがカゴバッグ。
ここちでもあけびのカゴバッグが大人気です。

今回、葉月はいから堂で「夏を楽しむあけび蔓細工コレクション」と銘打って
新作を多数含むあけび作家さんの作品群を、ドドーンと売り出します。
そこでかるーーーくですが、ご紹介。

IMG_5030

あけびのカゴバッグは使いやすさ重視で作られていますが
注目していただきたいのが、そのディティール。
一点一点個性的で一つとして同じものはありません。
画像以外にも様々な雰囲気のカゴバッグをたくさんご用意いたしました。
さすがはいから堂なカゴバッグコレクションを楽しんでいただけると思います。

IMG_5041

手提げカゴバッグ以外にも、すてきな飾りカゴなど沢山。
きっちり編みこまれたもの、乱れ編みの美しい偶然の表情、古くから伝わるもじり編みなど
多種多様なあけび細工を楽しめます。

この他にも、ランプシェードや壁飾りなど、生活を潤すアイテムがたっぷりですよ。


夏に涼しげなあけび蔓細工。
冬場にもニットやファーなど異なる素材と合わせることで、蔓の持つ暖かみが増します。
1年中楽しめる自然からの恵みを、この機会にいかがですか?

 

海に山に心躍るこの季節、一足お先に秋の気配も添えて
町屋ショップ「葉月はいから堂」

8月6日(土) 10:00~18:00
8月7日(日) 10:00~17:00  の2日間。

ぎゃらりー和のくら で行います。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

葉月はいから堂へのお誘い

夏らしいあちちな日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
もう気づけば7月も終わりかけ。あっという間に8月ですね。

そんな8月のお楽しみ、海に山に心躍るこの季節、一足お先に秋の気配も添えて、
町屋ショップ「葉月はいから堂」のご紹介です。

ibe_haikara2016natutirasi

8月6日(土) 10:00~18:00
7日(日) 10:00~17:00

今回は去年の「年の瀬はいから堂」と同じ会場、「ぎゃらりー和のくら」でおおくりします。
裏手に駐車場が10台分ございますが、防火道路で細く一方通行となっておりますので、
ご通行の際には十分ご注意ください。

後ろへ回り込む際は、和のくらと同じ並びで数件駅よりの高田小町の一つ奥の道を
ご利用いただくと一番入りやすいかと思います。

 

IMG_4981

町屋ショップ中身は…

イラスト屋ひぐちさん:新作絵はがきは、夏から秋にかけてのステキな風景がたっぷり。
まさに今が見ごろの蓮や花火、田んぼに雁木の風景など、
ノスタルジックな優しさにあふれる、素晴らしい空間になりそうです。。

haikara05

コチラは今年春のはいから堂の様子。
所狭しと並ぶ絵はがきに、誰かに一筆送りたくなります。
季節ごとに部屋に飾るのもステキ。

haikara12

前回から大人気のキャットオンコーヒー!
今回ももちろんお勧めですよ!
絵はがき柄のバリエーションも増え、ちょっとしたお土産にもおススメです。

ほかにも原画や、大人気の小さなイラストフレームなど、盛りだくさんでお送りします。

 

IMG_5010

ここち すたいる からは

などなど、楽しくステキな雑貨が盛りだくさんです。

また、ワークショップ
「ステンドグラスで涼やかテラリウム」 も 一日限定で開催です。
■詳しくはこちらから■
はいから堂ワークショップ「ステンドグラスで涼やかテラリウム」のご紹介

IMG_4437

講師:ステンドグラススタジオ三宅
日時:8月6日(土) 10:00~と13:30~の2回
定員:各回5名まで
場所:ギャラリー和のくら
参加費:5,900円

ぷっくり可愛い多肉植物付です。
ガラスの色と多肉植物はご自由にお選びいただけますよ。

まだ若干名ですが空きがございますので
参加希望の方は ここち すたいる まで、お電話orお問合せフォームからご連絡ください。


夏の暑さに、一滴の涼をご提供いたします、町屋ショップはいから堂。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

はいから堂ワークショップ「ステンドグラスで涼やかテラリウム」ご紹介

上越地方もついに梅雨あけしましたね。
子供たちの夏休みも始まり、夏祭りも控え、これからどんどん楽しいこと沢山なここち周辺です。

もちろん、ここちも楽しいこと沢山ですよ!
11周年イベントがついに7月23日から開催です。
ハッピーハウスキーピングなアイテム特集は実演&お試し付。
クリアランスセールは、千代布やチビちゃん甚平さんやおもちゃ、雪駄にアクセサリーなどなど
たんまり幅広くご用意しております。掘り出し物感覚でどうぞ!

目玉イベントは8月6・7日の「葉月はいから堂」
とくに6日は、この日だけとなるステンドグラスワークショップも開かれます。
午前午後各5名様までとなっております。
まだ若干空がありますので、この記事をご覧になって興味が湧かれた方は是非どうぞ!

IMG_4428

「ステンドグラスで涼やかテラリウム」

講師:ステンドグラススタジオ三宅
日時:8月6日(土) 10:00~と13:30~の2回
定員:各回5名まで
場所:ギャラリー和のくら
参加費:5,900円

IMG_4849

2006年 年の瀬はいから堂ステンドグラスワークショップ 制作風景

ここち恒例のステンドグラスワークショップ、講師の三宅先生をお招きして
毎回、可愛らしくもやりごたえのある作品を和気藹々ムードの中、制作しております。
なんだかステンドグラスと聞くと難しそうなイメージですが、
ワークショップではガラスはカットされた状態でご用意しておりますので
好きな色をお選びいただき組み立てるだけの(作業的手順的には)優しい内容です。

ステンドグラス作り方その1

ガラスに銅の薄いテープを表裏均等になるように巻きつけ

ステンドグラス作り方その2

ピースを組み合わせ、溶剤を銅部分に薄く塗り(イラストで描くの忘れました、すみません)
ハンダを半田ごてで溶かし付けていくというものです。

ステンドグラス作り方その3

最後にハンダの表面をきれいに整えて完成なのですが、これが難しい!
単純な制作内容ですが、その分技術力が必要とされます。
ので、リピーターの方にも何度でもお勧めしたい、やりごたえのあるワークショップです。

もちろん、初心者さん大歓迎ですよ。
最終的に三宅先生にお直ししていただけますので、きれいな作品がゲットできます。

IMG_4850

過去にはこちらのフットランプや、ポケットティッシュケース、

IMG_4851

クリスマスの壁掛けなどを制作しています。

今年のテラリウムは、使用するガラスパーツが少なめな分、平面で組み合わせる部分がなく
オール立体でやりごたえ増し増しですよ。
やはり平置きで作れないので、なかなか難しかったりします。
が、出来上がった時の達成感はすごいです。
お子様の夏休み自由研究にもおススメですよ。
一緒にステンドグラスの歴史や技法を調べれば、完璧ですね!


物より思い出ならぬ、物も思い出もな、このワークショップ。

ご参加ご希望の方は、ここち すたいる  まで
お電話もしくはお問合せフォームからご連絡ください。
皆様のご参加お待ち申し上げます!

 

11周年特別企画~Happy House Keeping!~

お待たせいたしました、毎年恒例周年企画。
今年のテーマは「ハッピーハウスキーピング!」です。

おかげさまで、ここちすたいるは今年で11周年を迎えることが出来ました。
改めまして初心に帰り“皆様の暮らしのお手伝い”。
ここちセレクトの雑貨で、幸せな家事を楽しんじゃいましょう!

2016_11thdm

イベントその1:はいから堂を開催します!

去年から復活したはいから堂。四季折々にあわせ季節を楽しむ雑貨と
イラスト屋ひぐちさんのイラストでのんびりほっこり街を楽しみましょう。
今年は年の瀬はいから堂でお世話になりました、ぎゃらりー和のくらさんで再びです。

葉月はいから堂 in ぎゃらりー和のくら 8月6、7日の2日間
ここちからはあけび&タティングレースを中心とした心躍る雑貨の販売など盛りだくさんです。

IMG_4569

また、はいから堂でステンドグラスのワークショップを行います。

「ステンドグラスで涼やかテラリウム」

講師:ステンドグラススタジオ三宅
日時:8月6日(土) 10:00~と13:30~の2回
定員:各回5名まで
場所:ギャラリー和のくら
参加費:5,900円

ガラスの色と多肉植物(上写真の植物はイメージです)はご自由にお選びいただけます。
各回要予約となっておりますので、ご希望の方は当店までお電話ください。
先着順で予定人数に達し次第、締め切らせていただきます。

ワークショップ内容について補足記事はこちらから。
IMG_4849


イベントその2:「毎日使いたいもの特集」を店舗にて開催!

毎日大変な家事。特に汚れ問題は重要問題です。
この夏は、その煩わしさをサッと解決しちゃいましょう!
ここちのメインテーブルに、お掃除お洗濯お役立ちアイテムを集めます。
目的別にキッチン、ランドリー、クリーニングの3つに分けてご紹介。
実演も行いますので、気になるアイテムの性能を試したい方はお気軽にお声掛けください!

キッチン…スポンジワイプ・スプレーボトル・エココッパークロス・ディッシュウォッシュスポンジ
ディッシュブラシ・四万十ヒノキまな板 などなど

ランドリー…ステインペン・カラー&ダートコレクター・ミニ洗濯板・プレウォッシュ襟袖用
ステインリムーバー各種 などなど

クリーニング…カーペットステインリムーバー・ダブルクロス多目的用・ニットクロス
マルチグローブ などなど

個人的にはスポンジワイプの吸水力を体感して頂きたいです。
がっつり色水をこぼしますので、どうぞご覧ください!

関連記事


イベントその3:クリアランスセール開催!

今年もやりますセール大会。
普段なかなか値下げしない雑貨達が今回限りのお買い得です。
なかには最大50%オフの商品も…。
さりげなく値下げされてますので、商品タグは要チェックですよ。


イベントその4:お楽しみ三角くじ抽選おこないます。

期間中、ここちから差し上げましたDMハガキご持参の上、税込2,160円以上お買上の方
先着50名様に、次回からご利用いただけるお買物割引5~30%オフ券をプレゼント!
今年はどんな柄の折り紙で作ろうかウキウキです。


イベントその5:手拭い&壁紙雑貨のワークショップをおこないます。

11周年イベント期間中、店内にていつでも実施致します。
来店時、チャレンジしたい時がワークショップの時間になりますよ!
1日1組限定(最大4名様まで)、1名様から参加可能です。
事前予約優先ですが、その日空きがあればいつでもご参加いただけます。
2種類の

日時:7月23日~8月11日の営業日 開始時間、11:00~16:00の間
場所:ここち すたいる
参加費:500円

※ただし手拭い帽子製作の場合は、別途材料として手拭いを店頭でお買い求めください。

IMG_4627

「壁紙表紙のノートブック」

春のはいから堂で好評でした壁紙文房具シリーズからノートブックをピックアップ!
通常手に入らない素敵な色柄の壁紙を使い、オリジナルノートを作りましょう。
今年からリングノート&メモも仲間入りしましたよ。

ノートの場合は1冊、メモの場合は2冊作成します。
カッターを主に使いますので、お子様参加の場合はその点ご注意ください。

ワークショップ内容について補足記事はこちらから
IMG_4848

IMG_4610

「畳んで縫うだけ手拭い帽子」

手拭いを頭に巻きたいけどうまくできない、そんな悩みも簡単解決!
折り紙のようにパタパタ畳んでチクチク縫うだけで
手拭いにはさみを入れずに、頭の形に合った立体の手拭い帽子が作れちゃいます。
サイズ調整は頭の後ろで端を結ぶだけ。
ぴっちり被れば髪の毛を抑えてくれて、作業中にぴったり。
浅くかぶれば、いわゆる“あねさんかぶり”で日差しも遮れます。

お料理時の三角巾として。畑仕事時に帽子の下にかぶって汗対策に。
剣道などスポーツに。入院時投薬関係や髪を洗えないなどのヘア対策に。
何枚あっても嬉しい手拭い帽子、作り方を覚えてご自宅でも楽しみましょう!

※こちらは店頭にて手拭いをご購入いただき、
別途参加費として500円頂くかたちとなります。どうぞご了承ください。

ワークショップ内容について補足記事はこちらから
IMG_4768


いかがでしょうか?
なかなか盛り沢山な内容となっております。
上記に関しまして、ご予約・ご質問等はお気軽に店員までお声掛け&お電話ください。
特に店内ワークショップは、開店時間内であれば急がず焦らず
のんびり製作をお楽しみいただけます。自宅店舗の強みです!
作るのは興味あるけれど手早くは自信ないわーという方におすすめですよ。

皆様のお越しをお待ち申し上げます!

 

11周年ワークショップこれ作ります。

梅雨入り前な雰囲気の、適度なお天気が心地よい毎日。
皆様いかがお過ごしですか?
今ここち周辺では、ツバメ・カッコウ・ウグイス・キジetc…野鳥ズ自慢の歌声が楽しめます。
雑貨とバードウォッチングが楽しめる、珍しい雑貨屋になれそうです。

IMG_4428

さて、そんな ここち すたいる では、そろそろ7月からの周年企画の準備が始まりだす時期。
ついさきほどワークショップの制作見本が届きましたのでご紹介します。

今年はステンドグラスでテラリウムを作りましょう!
講師は糸魚川を拠点に活躍中の、ステンドグラススタジオ三宅さん。
当店で何度かワークショップをお願いしています優しい先生です。

IMG_4437

ステンドグラスで三角の立体を作り、その中に多肉植物もしくはエアプランツを飾ります。
多肉植物、エアプランツはお好きなものを選んでいただけます。
青いガラスの部分もお好きな色をお選びいただけますので、
選んだ植物の色や形に合わせて、テラリウムの雰囲気も変わってきますね。

一番上写真では、我が家のアジアンタムさんから何本か葉を拝借して飾っています。
こんな飾り方も素敵ですね。小さな器を入れて一輪挿しにもおすすめですよ。

IMG_4438

ガラスの表情がとても美しく、シンプルな形だからこそ楽しめる要素だと思います。
単純そうに見せかけて、意外と難しい立体ステンドグラスですので、
過去に何度かやってるのよ~という方もお楽しみいただける内容です。

人気のステンドグラスワークショップです。
詳細が決まり次第、またお知らせいたしますので、お楽しみに!
三宅先生のウェブサイトはこちらから↓↓↓(別タブで開きます)
美しい作品たちにうっとりです。。。

ステンドグラススタジオ三宅
http://www.stainedglass-miyake.org/