ここちノート, はいから堂, ここちのつぶやき, ここちイベント案内

年の瀬はいから堂2020ありがとうございました!

11月21日、22日、23日の土日祝日3日間、かねてよりのご紹介通り
ここち すたいる と イラスト屋ひぐち のコラボレーションショップ
「年の瀬はいから堂」を開催いたしました。
今回はそのお礼も兼ねまして、イベントの様子を写真で少しご紹介いたします。

場所は直江津ショッピングセンターエルマール1階イベント広場。
高く広い吹き抜け空間に雁木が映えるオシャレな空間です。

実はエルマールさんに無印良品さんが出来てから初めてのはいから堂でして、
以前と開催場所も使えるものも違い色々と試行錯誤、初心に戻れるものでした。

とにかく什器を運んで運んで…
そのうちに、地元新聞さんに載せてもらう写真を撮らねばな時間に。
実は慌てて並べたのが上写真左側です。何とかなりましたねー。
後ろ側はスッカスカですよ。
今回ツリーがすでにエルマールさんサイドで飾ってありましたので、
商品のお飾りのみに全力集中できました。
(正確には営業部長担当ツリーの土台が壊れてて使えなかったんです。だめじゃん)

レジから見るとこんな感じでした。
ドタバタでしたが何とか広い空間をはいから堂ワールドにできましたよ。
上写真はまだエルマールオープン前なのですが
(奥のスーパーさん営業してるんでお客様は入れるんです)
準備中からご覧いただきまして、スタッフ一同嬉しい限りでした。
やっぱり興味を持っていただけるなんて幸せです。

オープン中も沢山の方にご覧いただきました。誠にありがとうございました。
てぬぐい、ストール、ブランケットに、お飾り、スキンケアや香りのアイテムなどなど…
お店の良いものを一人でも多くの方に見て手に取って、知ってもらいたい。
対コロナやインフルの感染予防はもちろんですが、
それでも直接手に取っていただきたかったんです。
そうすれば商品たちの魅力が必ず伝わると知っているので。
作り手の思いやデザインの意図、使い心地、何よりそれに触れてお客様が心地良いか否か。
インターネットによる売買が盛んな今でも、ここちが実店舗に力を入れ続ける理由が
お客様との対話と、その商品の魅力をまず知ってもらうこと、この2つ。
ですので「はいから堂」はとても大事なイベントなのです。
重ねてになりますが、ご覧いただき誠にありがとうございました。

と、感情的になってしまいました。すみません。
ここで話をはいから堂の紹介に戻しまして、

はいから堂の良いところに
普段はあまり目立たない商品に花が咲くというものがあります。
今回は特に “てぬぐい柄シール” が輝いておりました。
このシール用什器、実はかまわぬオフィシャルなんですよ。
まだ取り扱っているお店はあるのでしょうか。かなりレアな気がします。
普段は売り場に出ていません(場所をとるので…)
和紙のシール、しかも現役柄や懐かしの柄。
足を止めてご覧くださる方の多いことといったら!いやぁ、嬉しかったです。
ちなみに、他の季節向け柄もあるんですよ。夏のはいから堂もお楽しみに。

こちらは「イラスト屋ひぐち」こと、ひぐちキミヨさんのブースです。
地元直江津や、越後高田、頸城、妙高、糸魚川…上越地方の懐かしの風景がたくさん!
その他、可愛らしいイラストてんこ盛りの絵はがき祭りが開催されておりました。

やっぱり人気は、季節のハガキに目玉のカレンダー!
毎年「年の瀬はいから堂」を来年の新作カレンダー解禁日にしていただいておりまして
それ目当てのお客様がたくさん遊びに来てくれていました。ありがとうございます。
その他、イラストが映えるオリジナル雑貨もあり、とても楽しい空間でした。
ひぐちさん本当にありがとうございました!

と、お次はワークショップ。
今年は少人数で内容の濃いものをと、
カルトナージュと御朱印帳をご提案いたしました。

で、いつものように取り忘れる写真。
制作中のものが2枚しかありませんでした。何してるんでしょう私。
ちなみに、人気はカルトナージュでした。
御朱印帳は、ご興味おありの方は多いんですけどね。
あれこれ見て回る前提の和ノートなので、このご時世にはあれなのかもしれません…
せっかくなので、私上越ノートとして地元廻りの記録つけましょうかね。
神社仏閣だけではなく、水族館や美術館、食べたご当地お菓子の包みを貼ったり
いろいろできそうですよ。
よしそうしよう、来年から始めよう。

皆様とても集中して作っておられました。
なかなか布を貼った箱を作るということは、日常でありませんものね。
ただ、とても楽しいと全員の方に感想をいただきました。
しかも作っている最中に。これは嬉しい。
箱とボンド、布、紙さえあればその場で作り始めることができるます。
ぜひお家でも作っていただきたいです。
気軽に作り始めて、どんどん沼にはまっていただきたい!
切っ掛け作りのお手伝いが出来て幸せです。

かろうじて出来上がりの写真があった皆様の、完成作品がこちらです!
袋に包まれているのは底の固定のためです。貼ってすぐは乾いてないので。
青いお花の刺繍布が人気でしたね。
やはり綿を入れた姿が魅力的だったのか、皆様カーテン生地をお選びでした。

この場ではできないけれど、やってみたいという方も多く
ここち店舗でのワークショップご予約を何軒か頂いております。
ありがとうございます。
このように、お店で個人単位でのワークショップも可能ですよ。
依然やったもの(布張り壁掛けパネル、てぬぐいリース、てぬぐい帽子、
タイルのコースター、壁紙ノート作りなどなど)でも大丈夫。
ご興味おありでしたら、ぜひお問い合わせくださいませ。


というわけで、「年の瀬はいから堂」2020年も無事に終えることができました。
誠にありがとうございました。
持っていけなかったアイテムも多数ありましたが(あけびかごとか)、
そちらはお店でぜひご覧いただければと存じます。

春のミニイベント・7月の周年イベント以外に、ここち主体で行うものは
この「はいから堂」が年2回のみとなっております(店外出店は特にそうですね)。
来年もできるといいなぁ。
どうぞ世界が健やかに変わっていきますように。

ちなみに、クリスマスや年末年始のご挨拶などの、プレゼント・御遣い物
引き続き店内でご紹介しておりますよ。
新商品・追加入荷も続々ございますので、どうぞ遊びにいらしてください。
換気をしっかりしつつ、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

Comment





Comment



CAPTCHA