てぬぐい雑貨

かまわぬ、雛・桜の手拭い入荷しました

「藪入りの頃は必ず雪が降る」と聞かされていましたが、さすが大寒
なかなか平地の方は降らないね。と話していた上越もついに雪景色です。

お外が真っ白な分、お家の中は春の足音を呼び込もう!
というわけで、かまわぬ:雛・桜の手拭い入荷しました。
それにあわせて店内も、桃の節句ものを中心にどんどん春色導入ですよ。

今回第一弾の入荷ですが、第二弾(特に桜柄)も予定しております。
時期は未定ですが近いうちだと思いますので、どうぞそちらもお楽しみに。
それではどうぞご覧ください。

img_5863

立花雛

THEお雛様!なこの1枚。
額に入れる前提の横柄なので、額に入れた状態をご想像いただければ、より素敵です。
まさにシンプル イズ ザ ベスト。
しかしながら、表情や着物の柄は細かく表現され、丁寧な染め分けが美しい柄ですね。
なかなか雛人形が飾れない、そんなお宅にもおススメです。

img_5867

左から、 あでやか雛  雛段飾り

手前は今年の新柄です。霞に桃の花が枝垂れて、まるで屏風が遠山のよう。
美しいグラデーションに、お内裏様・お雛様・三人官女がすまし顔をしています。
かすかな微笑みが愛らしいですね。
奥の雛段飾りは、豪華7段飾りを手拭いで再現しています。
実際の雛段飾りは畳二畳分いりますので、コチラはとってもコンパクト!
つるし飾りに鶴も飛ぶ、とてもおめでたい絵柄を、シンプルに色分けしモダンに表現しています。

実は、恥ずかしながら、右大臣左大臣の下の彼らの役目および呼び名を知りませんでした。
彼らは御所の雑用をする従者「仕丁(じちょう)」さんらしいです。なるほど。
様々な役職の方がいて宮中は成り立っているのですね。雛飾りは勉強にもなります。

img_5872

縞桜  小桜  夜桜

こちらは桜の小紋柄手拭いです。
毎年人気の3柄ですね。特に夜桜は土地柄かよく好まれます。
さすが日本3大夜桜に数えられる高田の桜。
たしかに、こちらへ越して初めて見た春の景色にびっくりした記憶があります。
どこへ行っても桜並木!しかも街中桜だらけなんです。
特に凄いのはやはりお堀の周りなのですが、どこを走っても桜があふれる街に感動しました。
本当に、皆様とあの美しさを共有したいです。お花見の時期はぜひ上越高田へお越しください。

img_5878

一本桜  額装八重桜  桜山

桜並木も素敵ですが、存在感のある大きな一本桜も目が奪われます。
左の手拭いがまさにそれです。
丘の上に立つ、守り神のような桜からは、力強い生命力が感じられます。
老いれば老いるほど花の色が濃くなり、美しさが増すのです。人と同じですね。

中央は今年の新柄です。広げた瞬間、その艶っぽさに心を奪われました。
桜といえばソメイヨシノが有名ですが、ポンポンのような八重桜も可愛らしいですよね。
そんな可愛らしさが大人色のグラデーションで色気を漂わせ登場です。
下部の間が素晴らしい余韻となって、花の艶やかさを引き立てます。こんな女性になりたいです。
今年の目標として飾っておきたい、大人な桜柄ですね。

右の手拭いは吉野のお山でしょうか。まさに一目に千本見える豪華さ。
桜の波にのまれてしまいそうです。
和洋どちらのお部屋にもおススメできる可愛らしさは、パネルにしても素敵ですね。
シンプルな表現に、ぼかしが良い味を出しています。
小さなクッションのカバーにしてもいいですね。桜を気軽にインテリアに取り入れられそうです。

img_5875

額装桜  見上げ桜  月夜に桜

左は定番柄の額装シリーズの桜です。
この桜並木からどんな場面を連想するでしょうか。
土手、公園、私は学校の校庭です。
母校の中学校の校庭に美しく咲き誇るその桜たちは、ご近所の皆様も見に来るほどの見事さ。
一転、花の時期が終わると、毛虫祭りが待っておりまして、
その下での50m走は過酷を極めたものです。あれはすごかった。踏むと滑るし。

中央は上越市民の心の風景の一つ、見上げ桜です。
夜桜の名所高田公園には「桜ロード」というフォトスポットがありまして、まさにこんな感じなんです。
正確には、この柄の密度を2倍から2.5倍した花の量を想像していただけたらと思いますが
参考までに上越市のHPをご覧いただけたらと思います。
(都市整備課の2016年10月3日更新高田公園をご覧ください)
http://www.city.joetsu.niigata.jp/

そして右がまさに話題どんぴしゃな月夜に桜です。
やっぱりこちらの柄も人気です。なかなか黒地に桜柄は見ないので、珍しさもあるのかもしれません。
すごく粋な雰囲気ですよね。月にかかる桜がシルエットになっているのが、また素敵です。

img_5880

波に桜

「 波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている~ 」
和のかっこよさとは、こういうことさ!と、どこからか声が聞こえてきそうな
素晴らしくグッとくる柄です。まさに演歌の世界。
藍の濃淡による桜と波の表現が、とても美しく引き込まれてしまいそうですね。
海外の方へのお土産に、また男性へのプレゼントにもおススメです。
港町でそこまで桜に縁がないわーという方にもぜひ!


今回の雛・桜、お気に入りの一柄に出会えましたでしょうか?
雛祭りに、桜の花。
見るだけで春に心が踊りますね!
季節や毎日を楽しむ、手拭いがそんなきっかけになれればと思います。

ちなみに、春の柄は2月10日ごろ入荷予定です。
新緑や春の花など、より春が待ち遠しくなるウキウキ柄がたっぷりですよ!
お楽しみにお待ちください。
今回入荷致しました雛柄は、店頭に並んでおりますが
桜柄はもう少し先を予定しております。
もしご購入ご希望の方は、スタッフにまでお声掛けください。お出しいたします。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

おいしい風呂敷おいしいお弁当

1月も早や6日。
明日はさっそく七草粥ですね。七草きりたんぽ鍋を提案したところオーナーに却下されました。

さて、そろそろ天気週間予報に雪マークが目立つようになってきましたが、
そんな不安に負けず、お店の中は明るくゆったりのんびりですよ。

正月もひと段落し、特別ごはんからいつものランチやお弁当。
平スタッフも、つわりがやっと治まったので家族のお弁当を作り始めています。
が、いつものお弁当包みを見るとなんだかマンネリ気味。
お弁当箱新しく買い足すのもいいけれど…
そんな時にはもっと経済的にプチプラから!
中身は同じでも、外見は新しく気分楽しくおいしくチェンジしてみてはいかがですか?
胃も活発に張り切っちゃいそうな、元気いっぱいの小風呂敷「おいしい風呂敷」、揃っています。
お弁当包みにぴったりの約50cm×50cmなサイズです。

img_5354

左から、おいしい風呂敷りんご キャベツ チーズ

薄手で包みやすく、結んでもほどけにくい綿素材。
捺染ですので堅牢度(正式には染色堅牢度ですね。色落ち色あせの丈夫さ)は注染より高く
お洗濯に強いです。(※あくまでも注染と比べてですので多少の色落ちはみうけられます)
なおかつ、捺染によく見られる“布の裏が白い”ということもなく、しっかり染まっていますので
包みを広げて下に敷いた時に柄が見えない!なんてことはありません。
まさにお弁当包みに向いてますね~!あら嬉しい。

img_5360

しめじ レモン 季節のおいしい風呂敷ざくろ

柄モチーフは全て食べ物。おいしい風呂敷でおいしいものを包んじゃいましょう!
なお、薄手の生地ですが、目が詰まっていますので、あまり透け感はありません。
お弁当以外にも、ちょっとしたプレゼントやお菓子などのラッピングにも素敵ですね。
発色が良く、とても元気な気分にしてくれますよ。

img_5415

大きなドットに、ところどころヘタが可愛い「りんご」の柄。
りんごの直径は大体6.5cmといったところでしょうか。
ベースがベージュ色なので、赤の分量が多い割には落ち着いた印象を感じます。
和風のお弁当箱にも合う感じです。
ちなみに、当店営業部長の遠足のお弁当包みがこれです。
ゆるめに結べば3歳児でもほどけるみたいです。

img_5398

みずみずしい春キャベツのような緑が元気いっぱいの「キャベツ」柄。
北欧デザインのような、ほっこり感が可愛いですね。
これに包めば、男子!な肉弁当もヘルシーに見えてくるから不思議です。
ぜひ高校生のお兄様やお父様に使って頂きたい、母心の風呂敷ですよ。

img_5403

スカイブルーの爽やかな地に、三角が飛び交う楽しい「チーズ」柄。
三角チーズはもちろん優しいクリーム色です。リアルです。
こんな爽やかな青には、青空が似合いますね。
ピクニックや公園でのお弁当にピッタリです。中身はサンドイッチ系が良いかしら。
お弁当の中身に合わせて、お弁当包みを変えるのもステキです!

img_5381

黒地に並ぶ「しめじ」柄が渋い、こちらの風呂敷。
こちらも男性陣にお勧めしたい使いやすい色柄です。
大きなお弁当もこの小風呂敷なら簡単に包めちゃいますよ!
お弁当には赤・黄・緑・黒・白の5色を彩りよく入れると、栄養面にも良いと聞きました。
でも黒ってなかなかないものなんですよね。ヒジキ、海苔、黒豆?しか思いつきません。
「あ、今日黒がない」という時にはぜひ、こちらのお弁当包みを広げてごまかしてみてください。

img_5409

一見北欧テキスタイルのような幾何学模様ですが、良く見るとあら、「レモン」の柄です。
あえてつなげているところに、かまわぬデザイナーの遊び心を感じますね。
元気な黄色ですが、ベースをグレイッシュに落ち着かせ、使いやすい雰囲気にしています。
お弁当包みとしても優秀ですが、額やパネルにしてお部屋に飾ってもステキです。
2枚合わせて縁を縫い、クッションカバーなんていかがでしょうか。

img_5394

ぐっと鮮やかなマゼンタがまぶしい「ザクロ」柄は、季節限定のおいしい風呂敷。
なかなか目を引くカラーリング、お弁当包み界のファッショニストといっても過言ではありません。
ザクロはお肌にも良く、古今東西問わず子孫繁栄の象徴とされ、女子力の高いフルーツです。
こちらもインテリアにもおススメですよ!差し色向けのきれいな色です。柄もキュート!


色柄が楽しく、コレクションしたくなる「おいしい風呂敷」。
洗い替えが必要なお弁当包みにとって、柄が豊富なことはありがたいですよね。
お弁当の中身に合わせてのチョイスも楽しいと思います。

2月10日には新柄「かいわれ」と「オリーブ」も入荷します。
入荷次第ブログにてご紹介いたしますのでお楽しみに!

毎日のお弁当ライフに“おいしい”楽しさを。
ちょっとしたプレゼントにも最適ですよ。
ぜひじっくり吟味にいらしてください。お手持ちのお弁当箱持参も大歓迎!
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

おいしいかまわぬ2017年カレンダー。

早いもので、もう9月も下旬です。
今年も残すところあと3か月と少し。
ちょっと気が早いんじゃないか?と薄々感じておりますが
来年のカレンダーをご用意しました。
もう今から飾りたくなるほどの可愛さです。

IMG_5204

かまわぬ「おいしいかまわぬごよみ2017」。
手拭いの美味しい柄を集めて消しゴムハンコ調で表現しています。

IMG_5208

イチゴが2月なのはなぜなのでしょうか。
上越地方は最も雪深いころ。イメージがわきません。
冬菜が美味しい季節です。
きっと関東ではイチゴの栽培がピークなのでしょう(適当ですみません)
それ以外はとても納得の柄ばかりです。
南蛮エビ食べたいなぁ。おなかがすきます。

IMG_5209

やはり暖かい~暑い時期は鮮やかな食材が多くなりますね。
ももの柄は当店でも人気です。
個人的には6月はサクランボなイメージなのですが、
梅雨の暗くなりがちな時期にパイナップルは良いですね。爽やか元気になれそうです。

IMG_5211

秋に入り、一気に落ち着いた色遣いに。
栗に秋刀魚に…まさに今なのでヨダレが出ます。
このカレンダーを見ていると消しゴムハンコにチャレンジしたくなります。

IMG_5217

今回も、カレンダー部分を切り離すと、ポストカードとして楽しめる仕様になっております。
絵柄の食材についての豆説明もあり、為になるカレンダーですね。
フレームに入れてお部屋のインテリアにもおすすめです。


実はまだちょっと早いかと売り場には出しておりません。
10月31日に、かまわぬ冬・クリスマス・正月柄てぬぐい入荷予定なので
それに合わせて売り場に出す予定です。

が、現物をご覧になりたい方は店員までお声掛けください。
ブログをご覧になられた方優先で販売致しますよ。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。



追記:2016年12月10日

こちらの「おいしいかまわぬごよみ2017」は
ご好評につき、完売いたしました。
誠にありがとうございました。

来年はどんな柄のカレンダーが楽しめますでしょうか?
毎年の楽しみが、また一つ増えましたね!こうご期待です!

 

かまわぬハロウィン手拭いと限定富士山

夏なつしい毎日かと思いきや、急に秋の風に変わり
涼しい朝晩な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ただ、明日には台風によるフェーン現象で上越地方はまた暑くなりそうです。
始業式の学校も多いのではないでしょうか。体調管理にお気を付け下さい。

さて、そんな中、ここちはますます秋色が濃くなっていきますよ。
秋の袋物やバッグ類をレジカウンター前に集めてみたりしています。
中には、こんな手拭いも…

IMG_5176

ハロウィンの館  かぼちゃ縞

紫と黒が、ポップにオドロオドロしい雰囲気の正統派(?)ハロウィンな「ハロウィンの館」と
表情豊かなジャック・オ・ランタンが楽しい「かぼちゃ縞」の2柄が入荷しています。

仮装や飾りつけなど親子で楽しめるイベントとして近年広がってきているハロウィン。
インスタグラムやフェイスブックなどで楽しさを共有できるのも広まる要因だと思います。
気合を入れたチビちゃんの仮装。みんなに見せなきゃもったいない!
でもいざ写真撮りの時に、背景が寂しいと魅力も半減ですよね…
という時にこちらの手拭いで、手軽に雰囲気アップはいかがでしょうか。
色数が少なく、綿なのでテカテカ光りません。
被写体を引き立たせるナイス背景になること間違いなしです。

IMG_5178

もちろん、従来の手拭いとしての楽しみ方もおすすめです!

かぼちゃ縞のオレンジ色は、上画像よりもう少し濃くこっくりとしたお色。
野球の巨人軍のオレンジが一番近いです。
…巨人好きのあの人へ季節のプレゼントにも素敵ですね~。
個人的には、ニッカリ笑ったランタン君の顔がツボです。なんて嬉しそう!

IMG_5181

細かい所で楽しませてくれるのも、かまわぬ手拭いの魅力のひとつ。
窓の景色に、定番柄の「ガイコツ」がさりげなく揺れています。
ニヤリとするファンの方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、この秋冬はこういう細かいニヤリが多めです。クリスマスもお楽しみに…。

IMG_5185

こちらは雰囲気を変えて、展示会限定の富士山柄です。
その名の通り、展示会にきた業者だけが注文できるレアな手拭いとなっております。
そういった情報抜きに見てもとってもお洒落で使い勝手の良い柄ですね。

IMG_5184

一見グラフィカルなモダン柄に見えますが、よーく見ると雪を頂いた富士山。
富士山柄はなんだか和風なイメージで部屋に合わないのよ…
という方にもおすすめしたい、かっこいい富士山がここにあります。
日本で一番有名な山を、ベタな表現ではなくちょっとひねって見せているのがミソですね。
地の青も爽やか富士山&澄んだ空カラーでオシャレです。
たぶんこれを初見で富士山だと分かる人は、事前にこの手拭いの知識を仕入れているか
イマジネーション豊かな方ぐらいかと思われます。
ので、「これなんだと思う-?」なんて、ちょっとしたお話のネタにもなりますよ。


今年は季節が少し早い気がします。
秋柄も先週入荷してから早速売れ行き良好です。
棚から姿を消す柄もチラホラあります。
みなさん、もう暑いのはたくさんだわー!秋が見たいのよー!涼しくなあれー!
な心の叫びが、秋柄を求めているのかなぁ~とちょこっと感じます。
おうちは過ごしやすくても外は灼熱てすとか、外は涼しくても室内はジメジメ~ですとか
なんだかまだしんどい天気ですし、本当に早く過ごしやすい毎日になってほしいですね…。

なにはともあれ楽しい秋はこれから!皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

かまわぬ秋の手拭い入荷しました。

暦の上では、もうとっくに秋なのですが、暑さの厳しい夏はまだまだ続きそうです。
が、店内はしっかり秋へ移行中ですよ。こっくりとした色合いが増えてきました。
その先駆け、今年の秋柄てぬぐいが入荷いたしましたのでご紹介いたします。

今年は飾って楽しむ絵羽柄がたくさんですよ。
手拭い額やタペストリー棒が大活躍!
移りゆく秋の景色に合わせて、手拭いを楽しみましょう。

IMG_5191

森の動物  芋蔓模様  くり  木の実

今回、絵羽柄が豊富ということで、小紋柄が少な目の入荷ではありますが、
店内画像以外のものも、たくさんたーくさん取り揃えております。
が、廃番柄でしたり在庫残り1でしたり、かなり早い者勝ちな内容です。
(上画像の4柄は今回入荷したてですのでご安心を)
店頭での宝探し感覚で楽しんでいただければ幸いです。

IMG_5161

水面に紅葉  見上げ紅葉  バードウォッチング  秋のみのり

絵羽柄はまず新柄4柄をご紹介。

爽やかな秋空の下、静かな水面に燃えるような紅葉が映る様子の「水面に紅葉」、まるで
絵画のような手拭いです。室内が一気に紅葉の深山へ早変わり。

「見上げ紅葉」は、春の見上げ桜と対になる柄。
橙色ベースの優しい紅葉のトンネルを楽しめます。

丸を双眼鏡の穴に見立てた「バードウォッチング」は秋に見られる野鳥の特徴を細かくとらえた
かまわぬデザイナー渾身の作。どれがどの鳥でしょうか。お子様と野鳥ガイドブック片手に
鳥の名前を当てあうのも楽しい手拭いです。

縦にも横にも飾れる「秋のみのり」。北欧チックな色柄で洋室にも似合いますね。
ミニクッションやパネルなど、インテリアにもお勧めです。

IMG_5167

あけび  彼岸花  山野草 秋  秋色コスモス

長年人気の「彼岸花」に、一昨年からおなじみの「あけび」「秋色コスモス」が再入荷です。
シンプルながら画面外への広がりも感じさせるダイナミックな柄は、秋の設えにぴったり。
こっくりとした秋色の中に目を引く赤みで、場を鮮やかに演出してくれます。

上画像右から2番目は新柄の「山野草 秋」。
秋の野山を彩る花々を図鑑風にレイアウトしています。
こちらもバードウォッチング同様、特徴を細かくとらえていますので、お山へハイキングの際
図鑑代わりに本物と見比べるのも楽しいと思いますよ。
皆さんは全ての花の名前を言えますか?

IMG_5173

こちらも再入荷4柄です。

今年は9月15日が中秋の名月。まさに十五夜ですね。
ススキを飾りたいけど、そのうちポロポロ落ちてきちゃってお掃除が大変で…という方に
この月見障子がおすすめです。染められたシルエットのお団子の前に、
あえて本物のお団子を飾るのもステキですね。
今年は営業部長が何を思ったのか「食べられる団子を作りたい」と言い出しておりまして
もしかしたらここちの和室に団子が飾られる時があるかもしれません。

また、飾るのはもう少し先ですが赤とんぼに菊と、秋の人気柄もしっかりご用意しております。
日本的なモチーフとして日常でも目にしやすいこちらは、海外の方へのお土産にもピッタリ。
小さな額や(ここち玄関には秋とんぼが手拭い額小に入って飾られています)パネルなどに
してもすぐに飾れてステキですね。

ちなみに、手拭いのミニパネル制作も当店で承っておりますよ。
見本もございますので、ちょっと壁飾るの欲しいし見てみたいわーという方は
ぜひ店員までお声掛けください。


残暑に台風襲来でのんびりの秋はまだまだ先な気がしますが
季節の設えで、気分はお先に秋模様。なんていかがでしょうか?
ここちも、これから続々秋冬物入荷していきます。
ブログに載せきれないものも出てきますので、どうぞお店に遊びに来て楽しんでください。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

中川夏のふきん&てぬぐい入荷です。

少し肌寒い気温が続いた上越地方も、今日は快晴。過ごしやすい天気です。
ただ、明日からだんだん下り坂になるようで、
やはり梅雨入り&夏に向けての準備もしておかなくてはという気になりますね。

というわけで、夏を楽しく快適に過ごすためのアイテム、ここち すたいる でも続々入荷中ですよ。
小出しですが、今回はこちら。

IMG_4451

ごちそうふきん:  夏の献立  夏青果

みんな大好き・ごちそうふきんの夏柄です。
夏果実が早くも完売してしまい、ただ今店頭にてご覧いただけますのは
「夏の献立」と「夏青果」の2柄となっております。
なお再入荷は未定ですので、こちらの柄も気になる方はお早めにどうぞ。
夏の献立、お腹が空いているときに見るのは危険ですよ。
アユの塩焼き、美味しそうだなぁ。

IMG_4443

注染手ぬぐい:  ラジオ体操  夏花鳥

日本市の注染手ぬぐいは、やっぱりどこかはんなりとした印象です。
夏の風物詩ラジオ体操は明るい空色の地に染められ、夏の空を彷彿とさせますね。
首から下げたスタンプカード、これ大事です。
最終日にはスイカ割りが町内会で企画されていたのを思い出しました。
懐かしいなぁ。
うって変わって優しい色合いの夏花鳥は、まさにシャングリラの夏。
鳥は歌い、花が踊る、楽園の喜びがはんなりカラーで染め抜かれています。
日本版ノルディックサマーにも感じられるこの柄。インテリアにも取り入れやすく
美しいぼかしや細かい染め分けを活かして額に入れて楽しむのもステキですし
パターンを活かしてクッションカバーなどリビングのアイテムに使うのもおススメです。

IMG_4446

かまわぬの手拭いとはまた違った雰囲気が楽しい日本市の手拭い。
どこかノスタルジックな気分にさせてくれるものが多く、そこが魅力です。
どうぞ店頭で見かけましたら、ぜひ広げてご覧になってみてください。

 

カラフルうちわで楽しい夏を。

ここ最近、初夏というには暑さが本格的な、いわゆる夏日になる日がありますね。
日差しジリジリで、たまに吹く風ではカバーしきれない暑さ。
かといって扇風機を出しても明日にはどうなるかわからないし。
…という時こそ、これ。うちわの出番です。
夏のギフトにもよく出ますよ。夏だからこその特別アイテムです。

IMG_4360

見た目に可愛く、機能的な使いやすさのうちわを集めてみました。
大きさも雰囲気も作りも様々なうちわの中から、お気に入りを見つけてください。

IMG_4338

豆団扇 左から、 柑橘がさね  水芭蕉紺  すいか  あられ水色

上画像で営業部長が持っている小さな子供サイズのうちわが豆団扇です。
柄は大体大人のこぶし1つ分。
小さくてもしっかりした骨組みで、扇げばしっかりした風が来ます。
車で移動中、助手席の人用に用意するのもよし(日差し除けにも使えます)、
小さいのでかさばらず、オフィスのデスクに忍ばせてさりげなく使うのもよし、
キャンプやフェス、スポーツ観戦などの野外イベントなどにもおススメですよ。
もちろん、お祭りの時にチビちゃんに持たせても可愛いですね。

IMG_4334

団扇小万月 おぼろ景色  左から、 朝顔  雨音

ぼかしがなんとも柔らかで優しい印象のうちわです。
柄が長めなので扇ぎやすく、また丸い持ち手なのでとても丈夫な構造です。
生地は浴衣地手拭いでもご紹介しました、乱絽(らんろ)。
透ける部分が裏の紙と重なり、画面全体的に霞がかったような淡い雰囲気を持たせています。
夏らしい涼しげなうちわです。

IMG_4342

小判型団扇 左から、 縞紺  釘抜き文薄茶

かわりまして男性にお勧めしたいのが、この小判型うちわ。
粋な色柄に合う独特の形は細長いため、しなりがかかってより力強い風がおこせます。
また柄が平たく幅広なので男性の大きな手にも馴染み易く、扇ぎやすいと思います。
何より形がかっこいいですよね。夏の浴衣や甚平姿にもぴったり!
父の日のプレゼントにもおススメですよ。

IMG_4350

左より、 団扇あさがお紺  水面金魚  草木染紙うちわブルー

上記のうちわは全て表面が布でしたが、こちらは一般的な紙のうちわになります。
抽象的な朝顔の小紋柄が可愛らしいうちわは、遊中川のもの。
西の文化らしく京うちわの作りです。
京うちわとは、一般的なうちわと違い柄と扇ぐ面の作りが別になっていて、
竹ひごを広げ並べ、両面に紙を貼り付けた後、柄を差し込むというものです。
すっきりした印象なのは、竹ひごが見えないからなんですね。
ですので、折れることはまずなく丈夫です。見た目もなんだか雅です。
そんな京うちわの朝顔は、柄も北欧チックでとってもオシャレなうちわになっています。
同じく京うちわの水面金魚ですが、こちらはぐっと和の雰囲気。
海外の方へのお土産にもおススメですし、飾りうちわとしてもいいですね。

涼しげな金魚たちの遊ぶ様子と美しい曲線が、とっても優雅な一品です。
また、淡い花亀甲が印象的なこちらは、紙からこだわった草木染のもの。
天然国産コウゾ100%の手すき和紙は、化学薬品を一切使わず
伝統製法のトロロアオイの根を粘剤として使用しています。
また草木染ですので、同じものは1枚として出来上がりません。
自然の恵みだけで作られた、まさにオンリーワンなうちわです。
夏のひと時を特別な時間に変えてくれることでしょう。


IMG_4361

一言でうちわといっても、様々な色形作りがあり、とっても個性的。
街で配られたりしますうちわも手軽で気軽ですが
少しこだわったうちわを使ってみれば、夏の暑さも楽しめるものになるのではないでしょうか。
まず何より、持った時の竹の手触りが心地よいですからね。

この夏が、いつもより待ち遠しい夏になりますように。
涼をご用意して皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

かまわぬ浴衣地手拭いのご紹介

今日も良いお天気。
本日出張中のオーナーは、せっかくだからと若冲展に再トライしたそうです。
前回は240分待ちであきらめたそうですが、今回は270分待ち。
伸びてますね。意地でも見ると頑張っているそうです。
会期もあとわずかに迫ってまいりました。これからという方はお気を付けください。

さて話は店内のことへ移りまして、
今回特別入荷、かまわぬ浴衣地手拭いのご紹介です。
浴衣地用の生地に染められているため、通常の手拭いより幅が広く長さもあります。

晒し手拭い :33cm×90cm
浴衣地手拭い:35cm×100cm

数センチの差ですが、広げるとだいぶ大きく感じました。

IMG_4307

本来浴衣として身に着ける図案なので、大胆な小紋柄になっています。

向日葵は広げてみるととても華やか。少しレトロな雰囲気が浴衣にぴったりですね。
ちびちゃんのスカートやバッグなど手芸にもおススメです。
白雨は夏の夕立をイメージ。大人な雰囲気漂う上品な色柄です。
暖簾やお手拭タオルなど、涼を感じさせるアイテムとして、インテリアにお勧めですよ。

IMG_4302

ちなみに向日葵桃の手拭いのみ、乱絽(らんろ)という生地を使用しています。
横糸をランダムに抜いて織った透け感のある生地で、なんとも涼しげな印象です。

IMG_4323

上:麻の葉切子  下:レモン

伝統的な麻の葉文様の切子をイメージした、涼しげな手拭いです。
ところどころのぼかしがアクセント。深いガラスの透明感が表現されています。
クッションカバーや額装など面として楽しむ場面にも向いていますね。
レモンは晒しの手拭い柄でもありました。爽やかな雰囲気が可愛らしくうつります。
晒しと違い、透け感のある生地なので、さらに爽やかに、ディティールも楽しい手拭いです。

IMG_4315

IMG_4324

向日葵以外は、この ↑ 空羽という生地を使用しています。
縦糸を通さない個所に細やかな縞がはいる生地で、
ぼかし染めが引き立つなめらかな雰囲気が特徴です。


いかがでしょうか?
これらの生地で仕立ての浴衣もございます。
(メーカー側に在庫が確認できた場合お取り寄せ可能)
気になる方は、まずはカタログもご覧いただけますので、ここちスタッフまでお声掛けください。

IMG_4325

まだまだ夏はこれから。
少しづつ身の回りの布物も夏に衣替えなんていかがでしょうか。
お店にて皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

かまわぬ夏の手拭い入荷しました。

黄金週間&母の日と、雪解けの川ばりにあっという間な5月上旬でした。
なんだかこのまま梅雨入りかしらなお天気ですが、皆様いかがお過ごしですか?
本日オーナーは秋冬向け展示会のため東京出張中です。
まだ夏も来ていないのに秋冬…なんだか遠い世界のことのようですが、
とにかく素敵なアイテムがたくさんらしいので、どうぞ秋冬まで好ご期待です。

さて、こちらはやっとこさ夏柄手拭いご紹介。
新柄・色替え・夏の定番など、気分は一気に夏色です。

IMG_4294

水草に金魚  ゴーヤー  山葵(わさび)

中央:ゴーヤーは、見れば見るほどジワジワきます去年からの人気柄です。
緑のカーテンが難しい窓辺には代わりにこのゴーヤーを吊るしてみてはいかがでしょうか。
両脇2枚は今年の新柄です。
涼しく優しげに涼を呼ぶ金魚、山間の水音に心地よい空気を思い起こさせる山葵(わさび)
どちらも違った涼しさで魅力的ですね。特に山葵は、ざる蕎麦を食べる際におすすめです。

IMG_4284

蚊取り線香  紫陽花大薄青  額装向日葵  浜遊び

夏のいつもの!といえば上画像の手拭いではないでしょうか。
ドインパクトな蚊取り線香、粋なKAWAII雰囲気の紫陽花。
右2枚にいたっては、夏の絵日記の1ページそのままのようです。
なんだかノスタルジックな気分にもさせてくれますね。
たしかに、小さな頃はこれぐらい空は青く高く、向日葵も同じぐらい手が届かなかったなぁ。

IMG_4271

波がさね  パイナップル緑  向日葵紺

こちらから小紋柄手拭いのご紹介です。
新柄の波かさねは、何とも水しぶきが楽しげな大波小波です。
なんだか直江津の海を連想させて平店員のお気に入りだったりします。
チビちゃんの晒パンツなんてこれで作ったら素敵ではないでしょうか。
パイナップルは茶と緑のパイナップルが輪切りに交じるリズミカルな柄。
派手すぎない黄色で、気軽に持ち歩けるお色となっております。
向日葵紺も今年の新柄。浴衣に似合いそうな粋な向日葵たちです。
画像では黒に近く写っていますが、確かにそれぐらい濃い紺色です。

IMG_4266

明け朝顔青  青紅葉  金魚

暑い日差しになる前の、ぼんやり少し涼しい夏の夜明け。
その中で咲く朝顔を染めたものが、この明け朝顔です。すっと涼しい気分にさせてくれます。
青紅葉は逆に、きらめく高い位置の日差しを一身に受けた若い葉で、眩しい夏の日を表現しています。
秋の散りゆく紅葉との対比で生きる喜びも感じ取れ、なんだかグッとくる。そんな柄です。
そーんな深い柄を横目に、元気に泳ぎ回る金魚たち。夏だからこその楽しい小紋柄ですね。

IMG_4272

ヨーヨー  桃  ラムネならべ

カラフルシリーズの3柄です。
どれもインパクトは抜群ですが、意外と色味は落ち着いていますので、浮くことなく
身に着けても楽しめます。夏場、バーベキューなどで頭にかぶったらオシャレですよ!
特に桃ちゃんは女の子さんのお洋服なんかにもおすすめです。

IMG_4276

水連  切子  うなぎ

上越高田の人なら必ず一度は間違える、“蓮”ならぬ水連の柄です。
実は私も蓮だと思っておりました。確かに、葉と同じ高さに浮くのは水連ですもんね。
計算された染めズレが可愛らしい人気柄です。
また、切子・ウナギも夏らしいモチーフですね。切子は2枚並べて暖簾にーなんて方も
いらっしゃるほど粋で涼しげ、美しい柄です。
ちなみにこのうなぎは、長年平店員の枕カバーにもなっている長期採用柄。
夢見良く使えます。

IMG_4279

ソーダ水  線香花火ちらし  青梅生成

毎年恒例ぼかしがきれいなソーダ水は、もちろん今年も継続です。
新柄の線香花火ちらしは、元気なランダム小紋柄。本物もこんな雰囲気ですよね。
よーく観察されて図案化されているなぁと、感心します。
青梅は新柄というよりも復刻柄ですね。
以前は地が真っ白でしたが、今回は生成りに染めてあり、より優しい感じです。
そういえば、そろそろ梅の仕込みの時期ですねぇ。

IMG_4283

お面

こちらは中川政七商店:日本市より「お面」です。
どこかで見たようなキャラクターのものや、若干不気味なもの、定番のおかめひょっとこなど
夏の夜祭を思い出させてくれる、ノスタルジーここに極まれりな手拭いです。
ぼんやりとしたぼかしが更に懐かしい雰囲気にいざなってくれます。
にしても、最上段右から3番目、これ、結構怖いですねー。

IMG_4291

線香花火紫  夏草に朝顔

最後に、もう2つ横柄のご紹介です。
中川政七商店:日本市の線香花火紫とかまわぬの夏草に朝顔。
横柄で絵羽のものは数が少なく、今回夏柄はお面とこの2柄のみとなっています。
(小紋柄でしたら水連や桃などが可愛らしくおすすめですが)
夏のびやかに花咲く夏草たちと、夜美しく輝き競う線香花火。美しい風景です。
額に入れて飾るのはもちろん、カフェカーテン代わりに窓辺を彩ったりなど、
横柄ならではの楽しみ方もいかがでしょうか。


これからの夏本番に向けて、気分を上げてくれる夏柄、いかがでしょうか。
特に直江津・夏の祇園祭はっぴ姿に手拭いなんて粋ですね。
その際、腰に結ぶ巾着などのオーダーは、今時期からが一番おすすめです。
そのほかにも手拭い帽子や手拭いスマフォケースなどもオーダー承ります。

夏は手拭いが大活躍する時期です。
青空に手拭い。お気に入りの1枚と出会えますように。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

かまわぬ端午&海手拭い・水玉ガーゼ入荷です

桜・菜の花・こぶしの花などなど、春の花が駆け足で咲いていますね。
急ぎ気味の季節ですが、ここち すたいる ではもう初夏です。
端午の節句手拭い、海の生き物手拭い、前回に続いてストールにもなるガーゼ手拭いの
3種類が入荷しました。

IMG_4070

左から 五色鯉空色 / 兜に菖蒲 / 額装あやめ

端午の手拭いは、お飾り向けに絵羽になっている3柄をチョイスです。
新色・空色の中をダイナミックに泳ぐ五色鯉は、室内で心地よい5月の空を楽しめます。
端午のお祝いにぜひ飾っていただきたいのが兜に菖蒲。
まるで掛け軸のような構図と粋な色使いが、品よく場を彩ります。
額装あやめは柄を一新。奥行きが感じられる一枚となりました。

IMG_4078

猟虎(ラッコ) / 海星(ひとで) / 青空鷗(かもめ)紺ぼかし

海の生き物手拭いは鯨やペンギン・白熊などが今現在ここちに生息中ですが、
さらに3種類追加です。全て新柄となっております。
かまわぬ的には漢字表記推しな猟虎(ラッコ)。ラッコが列になっている小紋柄てぬぐいです。
しっかり貝を両手で抱えています。
海星(ひとで)はまさに海の星。かまわぬ手拭いでは少し珍しいカラーリングで新鮮です。
3種類のひとでがランダムで全面にちりばめられています。

IMG_4086

青空鷗(かもめ)は抽象的なかもめの群れをぼかしに白抜きで表現しています。
広げたときに、「白鳥はかなしからずや空の青 海のあをにも染まずただよふ」
という若山牧水の歌を思い出しましたが、このかもめさん達は寂しさゼロですね。
ぼかしの青がなんとも涼しげな手拭いです。

IMG_4061

大水玉黄色 / ほし玉墨色 / ちらし玉紫

続いて、ガーゼてぬぐいシリーズに水玉が追加です。
シンプル且つ万能な色柄となっております。
吸水性抜群でかさばらないなので汗拭きにおススメ。
長めなので2枚使ってふんわり暖簾なんかもステキです。

2016s_odekake11

もちろんスカーフとしてもお使いいただけます。。
ランダムに主張しすぎない水玉なので、大人な雰囲気で普段使いが楽しめます。

2016s_odekake10

右画像 粋更・ふんわり首まきてぬぐい紺色

ウォーキングや畑仕事時などの、汗拭き兼首元のUVケアにおすすめです。
また、上右画像は首に巻く手拭いつながりで
今回同時入荷となりました、粋更のふんわり首まきてぬぐいです。
こちらは麻55%綿45%、洗い加工を施しふんわりさらっとした巻き心地が特徴。
今期大人気で早いうちに完売してしまい、再入荷のものとなっております。
ガーゼ手拭いより短めですが、フリンジがあり、ただ結んだだけでも絵になりますね。

IMG_4065

ガーゼてぬぐい、ただ今7種類ご用意しております。

次回かまわぬは、4月29日夏柄手拭い入荷予定となっております。
ここちはどんどん夏に向けてまっしぐらです。